アパートローンとは?概要から住宅ローンとの違いまで徹底解説

「アパートローン」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。不動産関連のローンの中では、住宅ローンほどは知られていないローンになります。アパートローンを組むのは投資用不動産を購入するときになりますが、アパートローンと住宅ローンは根本的に異なります。

今回は、アパートローンの概要や住宅ローンとの違い、そして実際のアパートローンなどの紹介をします。アパートローンを組もうとしている方は参考にしてください。

アパートローンとは?

アパートローンアパートローンとは、アパートやマンションの1棟経営、もしくは1室を購入して投資する際に利用されるローンの総称です。「アパート」と付いていますが、実際には不動産投資全般のことを指します。そのため「不動産投資ローン」とも言います。

冒頭でも言いましたが、アパートローンを利用する人は、不動産投資をする人であって、当然ながら不動産を購入するためにアパートローンを組みます。

アパートローンと住宅ローンとの違い

アパートローンと住宅ローンの違いは、購入する不動産が「入居用かどうか」という点です。住宅ローンはあくまで「入居」することが前提のローンになっています。そのため、入居しない不動産の購入はアパートローンの利用が必須になるのです。そもそも入居用不動産かどうかを判断する方法は、原則は住民票の移動になります。

ただし、住宅ローンを借りたいがために一時的に住民票を移して、すぐに住民票を抜くという行為は契約(ローンを結ぶ「金銭消費貸借契約」)違反になります。仮に、住宅ローン融資後に違反が発覚したら、「即一括返済」などのペナルティが課せられますので注意しましょう。もちろん、この話は1室の不動産投資の場合です。アパートやマンションを1棟購入する場合は、明らかに投資用なので住宅ローンは組めません。

また、入居用の不動産かどうかという「目的」以外にアパートローンと住宅ローンは「金利」「審査基準」についても違いがあります。

アパートローンと住宅ローンの金利の違い

アパートローンと住宅ローンの金利は大きく違います。結論から言うと、アパートローンの金利は、住宅ローンの金利に比べて数倍高いです。これは、アパートローン金利が高いというよりは、住宅ローン金利が極端に低いというのが理由です。

なぜ住宅ローン金利は低いか?

なぜ住宅ローン金利の方が低いかというと、居住用住宅とは「必須なモノ」であるからです。もちろん、賃貸なども選択肢もありますが、いずれにしろ住宅は住む家で必要不可欠なものです。そんな「生活必需品」を購入するための住宅ローン金利が高いと、借りる方が少なくなってしまいます。

住宅ローンの借入者が少なくなるということは、住宅の購入者が少なくなるということです。そうなると、住宅の売買は活性化せずに、最終的には日本の経済悪化に影響します。そのため、住宅ローン金利は低いのです。

具体的にどの程度下がるか?

具体的にどの程度の金利差があるかというお話です。2017年2月現在、住宅ローンは変動金利で0.5%を切る金利もあります。

一方、クレジットカードの借り入れであれば2~3%程度で、車のローンでも1.5%以上はします。このようなローンと比較すると、住宅ローンがどれほど低金利か分かると思います。

では、アパートローン金利を見てみると、低くても2%程度3%以上の金融機関の方が多いです。つまり、住宅ローンとの金利差は4~5倍以上あるということになります。

また、もう1つの基準である「審査基準」に関しては後述します。

1 2 3 4 5