「シティタワー国分寺ザ・ツイン ウエスト/イースト」は自然豊かな国分寺に住める!国分寺駅から徒歩1分

外観シティタワー国分寺ザ・ツインは、国分寺駅直結で徒歩1分のところに存在します。まさに国分寺駅と一心同体と言ってみても良いかもしれませんね。厳密には2棟あるうちのウエスト側が直結になりますが、イースト側も徒歩1分圏内ですのでほとんど大差ないでしょう。国分寺市は東京都下にあたりますが、中央線等で都心とも結ばれていますので、住宅街としても人気の高いです。田舎過ぎず都心過ぎないベットタウンであり、緑あり歴史あり利便よしといった、当たり前のものが当たり前に揃っているエリアといえるかもしれません。

国分寺の名の由来は、741年まで遡る!

武蔵国分寺公園国分寺という地名の由来は、741年に時の聖武天皇によって国(古代日本から使われていた地域区分の一つ)ごとに建立された武蔵国の国分寺(武蔵国分寺・武蔵国分寺尼寺)がそこにあったことから名付けられました。武蔵国分寺・武蔵国分寺尼寺は、1333年に起こった合戦で残念ながら消失してしまいましたが、その敷地はとても広大で他地域の国分寺よりもはるかに大きく東西1500m南北1000m程度あったと推測されるほどです。かつての武蔵国分寺があった場所は国の史跡に指定され、国分寺尼寺があった場所は歴史公園としても整備され、市民の憩いの場としても愛されています。(なお後継寺院にあたる武蔵国分寺も史跡地内に有)。

国分寺は、かつての武蔵国の国府のあった府中から官道で繋がっていたこともあり、古来から人の往来があった要所としても知られています。そして現在、武蔵国分寺(史跡)があった通りにはJR武蔵野線(隣の西国分寺駅)と府中街道が通っていて、今も交通の拠点としても利用されています。つまり交通の要所であることは今も昔も変わらない、国分寺の特徴の一つと言えましょう。

国分寺は、地形的にも恵まれた緑の住宅地

武蔵野台地に所属する国分寺、特にシティタワー国分寺ザ・ツインがある付近は、その中でも国分寺崖線が存在するところになります。画像でみると、上記のような感じに通っているのが国分寺崖線で、かなり著名な邸宅街が並んでいるところでもあります。この国分寺崖線については、関東の地層に存在する古多摩川が何万年もの時間をかけて侵食し、削り取ってできあがったものだそうです。

そこには湧き水なども多く存在し、そのおかげで国分寺崖線一帯は緑深いと言われていて、「みどりの生命線」と呼ばれることもあるんだとか。少し大げさですが、地球が産み出した自然が広がるエリアにあるのが、このシティタワー国分寺ザ・ツインとも言えるかもしれませんね。また、それを物語るように国分寺エリアの緑は豊富で、公園なども多数存在。日頃のお散歩などにもピッタリです。

住・商・官一体型の大規模複合プロジェクト+従来の周辺環境=ショッピング良好!

国分寺駅に直結するシティタワー国分寺ザ・ツインは、約50年以上前から丁寧に計画されてきた国分寺駅周辺の大規模複合開発プロジェクトの一環として誕生します。昭和40年に計画が決定し、その後地域社会との話し合いを経て計画書が完成、ついに住友不動産が国分寺市より特定建築者に選ばれ平成30年1月下旬の完成(予定)という運びになりました。この大規模複合開発プロジェクトは住・商・官一体型となりますので、シティタワー国分寺ザ・ツインの下層ゾーンには、商業施設・公益業務施設などが入る予定となっています。

また駅周辺には、従来から利用されている便利なショッピングスポットにもなっています。たとえば、ファッションから雑貨までいろんなジャンルが揃う国分寺マルイ・セレオ国分寺、商品が豊富で価格・品質も安心のスーパー西友があります。シティタワー国分寺ザ・ツインが完成する頃には、国分寺駅周辺に新旧の商業施設が立ち並び、さらなる充実のショッピングスポットになりそうです!

グルメも美味しい国分寺♪

もちろん美味しいグルメが国分寺には、たくさんあります。

ムタヒロ

ムタヒロは、国分寺を中心にラーメン店等を運営しています。国分寺では、中華そば・鶏そば・まぜそば・串揚げの4店舗があり、いずれも食べログサイトでは高評価となるなど、味にも定評があります。ラーメン好きの人は、一回訪れる価値ありです!

洋菓子舗 茂右衛門

国分寺駅から徒歩2分程度のところにあるテイクアウトのお菓子屋さん。ケーキから焼き菓子などの洋菓子が売られていて、しっかりとした味わいのスイーツが人気のお店です。茂右衛門さんの気になるメニューは、「あんことくろみつ」!和と洋が合体したようなケーキとなっています。

ジャポリ ボタニカ

国分寺でピザをいただきたい時におすすめなのが、ジャポリ ボタニカさん。国分寺駅からは徒歩2分程度です。釜焼きのナポリピッツァで、ランチなどではお得なセットもあるようです。ワインも種類豊富ですので、イタリアン好きにおすすめです。

国分寺のアクセスは超良好!

国分寺駅のアクセスは、一言でいうと非常に良好です。通っている路線は、JR線(中央本線)と西武鉄道(国分寺線・多摩湖線)になります。通勤はもちろん普段のお出かけ・遊びなどにも利用しやすいアクセス環境と言えそうです。JR中央線に乗っていけば、吉祥寺、中野、新宿、四ツ谷、御茶ノ水、東京などにも乗り換えなしで行けます。またそういった主要駅に止まる中央線は乗り換えにも便利ですので、いろんなところに出やすいとも言えるでしょう。そんなJR国分寺駅最大の魅力は基本的にはどの電車も止まることが挙げられます。JR中央本線には、通勤特快・中央特快・通勤快速・快速・各停といった電車の種別がありますが、国分寺駅であればどれも止まりますので、忙しい朝、ゆっくり行きたい時などに使い分けることが可能です。

余談ですが、”国分寺”の名の由来でも歴史が古いエリアだということはご紹介していますが、国分寺駅自体も古くからある駅の一つ。国分寺駅は、JR中央線の前身である「甲武鉄道」が開通した時から存在している最初の駅の一つにもなるそうです。

西武鉄道は都心の方に直接いきませんが、国分寺線は5つの駅(国分寺ー恋ケ窪ー鷹の台ー小川ー東村山)をつなぎ、多摩湖線は7つの駅(国分寺ー一橋学園ー青梅街道ー萩山ー八坂ー武蔵大和ー西武遊園地)をつなぎます。いずれも駅数は多くありませんが、そこから西武鉄道の別路線等に乗り換え可能になりますので、埼玉方面などに行く場合を中心に使いやすいでしょう。

1 2

マンションの売却をご検討の方へ。

マンションマーケットなら安心・確実に売却できます。

・業界最安水準の手数料
・便利なオンラインツール
・経験豊富な専門コンサルタントが対応

もっと詳しい情報をみる