「シティタワー駒沢大学ステーションコート」で世田谷の上質な暮らしを実現

gaikan住みたい街としても幅広い年齢層から人気の高い世田谷区。世田谷エリアからは渋谷や目黒などの主要エリアの交通アクセスも良く、閑静な住宅街・都心に近い距離でありながらも緑が多く自然を感じることができる非常に生活のしやすい環境です。世田谷区は上品なイメージがあり比較的富裕な地域。高級住宅地としてあがるところだけでも、成城学園・経堂・田園調布・駒沢大学・三宿などがあります。飲食店など商業施設が多いところは下北沢、三軒茶屋、二子玉川など注目の場所が名を連ねており人気の高さが実感できます。

今回はその中でも大規模な緑あふれるスポット「駒沢オリンピック公園」が点在する駒沢大学エリアに計画されている大型タワー&レジデンスに注目。世田谷の特徴がバランスよくつまった場所でもあり、新築物件も建ちにくい希少なエリアです。都心に隣接しながらもゆったりとした時間が流れ、渋谷や二子玉川なども身近な距離でショッピングやエンターテイメントも充実しています。

これだけの主要エリアに囲まれた駒沢大学は立地の良さも人気のポイント。交通アクセスも充実しており、電車はもちろん都心でのタクシー移動も近距離で便利です。その高い人気を誇る駒沢大学駅徒歩1分という希少立地にそびえたつ住友不動産分譲の新築マンション「シティタワー駒沢大学ステーションコート」。駒澤大学の新しいランドマークとして注目となっています。その魅力のポイントをご紹介致します。

主要駅や人気スポットへのアクセスの良さ

東京都内に多くの路線がありますが、その中でも人気の高い田園都市線が利用できます。大通りである246号沿いに位置する駒沢大学駅。田園都市線は渋谷を出発点とし、池尻大橋、三軒茶屋、そして駒沢公園とわずか3駅約7分という好アクセスです。その先も桜新町、用賀、二子玉川と主要スポットの中間に位置する利便性の高さを感じます。

さらに田園都市線は半蔵門線に直通するようになり、表参道へ約9分、大手町へ約22分、東京スカイツリーのある押上にも直通で移動可能。周辺エリアである渋谷や二子玉川では、大規模再開発により目まぐるしい計画によって新しく変化されており、最先端の街を身近に感じることができます。

さらに、都心でありながらも自然を感じる公園があり、リフレッシュもできそうです。自転車があれば青山や代官山、自由が丘なども足が伸ばせる距離に位置しています。ビジネスから休日のレジャー、ショッピングやグルメ、エンターテイメントまでも快適に楽しめる交通利便です。

駒沢大学駅より徒歩1分。変わることのない好立地。

マンションを買うなら駅徒歩10分圏内と言われている中、駒沢大学駅徒歩1分という希少価値の高い好立地です。この「シティタワー駒沢大学ステーションコート」の最大のコンセプトであります。駅出口からフラットアプローチでわずか50mの距離。さらに、ビジネスや主要スポットが身近な距離の場所でもあり、特に通勤や通学などの方はもちろん、シニア世代になっても交通機関が身近で利用できるのは変えることのできない貴重な条件です。

電車などの交通機関は毎日の通勤や通学などでも使う、日常の大切な移動手段です。駅遠の物件も最初のうちは頑張って利用しようという気持ちになりますが、毎日のこととなるとストレスに感じる要因になります。246号の大通り沿いのため、夜でも明るい環境で、女性の方でも安心できます。

駅近のデメリットは価格が高くなりますが、生活のメリットと将来的な「売りやすさ」や「貸しやすさ」の資産価値メリットが大きいように感じます。将来的な資産価値も他に競う物件も少なく、揺るぎない立地条件として非常に安定感の高い駒沢大学は、投資としても魅力的な好立地だと思います。

そして、駒沢大学エリアでは大通り沿い以外は低層住宅地域が広がっています。そのため、物件の主要開口部となる東・南側は低層住宅であり、高い建物がないため眺望や風通しなど気持ちの良い環境です。そのような地域の建築条件でもあり、長い目で見ても眺望が塞がってしまうこともなく、安心材料の多い物件になります。

1 2 3