住宅ローンを借り入れる際、奨学金はどのような影響を及ぼすのか?

今は奨学金を借りて大学に行く人も多いです。そのため、社会人になっても奨学金を返済し続けている人も珍しくありません。奨学金を返済している人が住宅ローンを組むときは、「奨学金はどのような扱いになるのか」と疑問に思うものです。

結論から言うと、奨学金も「借入」という扱いになるので、住宅ローン審査のときは気を付けなければいけません。今回は、住宅ローンを借り入れるとき、奨学金はどのような影響を及ぼすのかを詳しく解説します。

目次

1.奨学金を借りているときの住宅ローン

1-1住宅ローンの審査

1-1-1返済比率

1-1-2審査金利

1-2ほかの借り入れがあるとき

1-3繰り上げ返済か自己資金の増額か

2.奨学金の返済滞納について

2-1金融機関が滞納を重く見る理由

2-2信用情報について

2-3信用情報が消えるタイミング

2-3-1管理される機関

2-3-2履歴消去の注意点

2-4信用情報を確認する

2-4-1住宅ローン審査前に信用情報を調べる

2-4-2信用情報の確認方法

2-5滞納しても住宅ローンに通るケース

3.まとめ

1.奨学金を借りているときの住宅ローン

住宅ローン結論から言うと、奨学金を借りていて返済中だからといって、 住宅ローンを組めなくなるワケではありません。ただ、冒頭の通り金融機関は奨学金も借入と判断するため、審査に厳しくなるのは事実です。

1-1住宅ローンの審査

審査奨学金が住宅ローン審査にどう影響するかは、そもそも金融機関が住宅ローン審査をどのようにしているかを理解する必要があります。住宅ローン審査で理解しておくべきことは、「返済比率」「審査金利」の2点です。まずは、この2点を理解しましょう。

1-1-1返済比率

返済比率とは、「年間の返済額が年収のどのくらいの割合を占めているか」を数値化したもので、計算式は「年間返済額÷年収」になります。たとえば、年間返済額120万円(月々10万円)で年収450万円場合には返済比率は26.6%(120万円÷450万円)になります。

金融機関によって返済比率の基準は異なりますが、大抵の金融機関は「年収400万円未満で返済比率30%以下」「年収400万円以上で返済比率35%以下」と設定しています。

仮に、年収390万円で、年間返済132万円(月々11万円)の借り入れを起こすとします。その場合の返済比率は33.8%(132万円÷390万円)になるので、返済比率的に審査は否決となります。返済比率がオーバーしている場合で審査に通ることは、ほとんどないです。

ただ、属性(年収や勤務先、自己資金率、勤務年数、年齢など)が良い場合には、返済比率がオーバーしていても融資する場合もあります。

1-1-2審査金利

ただし、審査するときの金利は実際に借り入れる金利よりも高くなります。なぜなら、仮に金利が上昇したり、借入者の年収が下がったりしても返済が滞らないようにするためです。

審査する際の金利を「審査金利」と言いますが、この審査金利は大体3%強で設定されます。

そのため、たとえば「金利0.8% 借入金額3,000万円 借入期間35年」で住宅ローンを組むとします。この場合には、年間983,016円(月々返済81,918円)です。このとき、仮に年収が350万円であれば、返済比率は28%(983,016円÷350万円)です。

一見すると、前項で説明した返済比率をクリアしていますが、これは金利0.8%前提の話です。仮に審査金利が3.1%の金融機関であれば、年間1,405,620円(月々117,135円)の支払いです。

そのため、返済比率は40.1%(1,405,620円÷350万円)になるので、返済比率オーバーになるということです。この場合には、返済比率が30%未満になるよう、自己資金を入れる必要があるということです。

まずは、住宅ローン審査には返済比率という基準があり、審査するときには金利が変わるという点を認識しておきましょう。

1-2ほかの借り入れがあるとき

前項の返済比率と審査金利を踏まえ、実際に奨学金がある場合も考えていきます。上述したように、奨学金の借り入れは、ほかの借り入れと同様に判断されます。そのため、前項で解説した「月々返済額」に奨学金の返済額をプラスする必要があるのです。

仮に、奨学金の返済が年間で60万円(月々5万円)の場合には、その金額が返済額に上乗せされるということです。

先ほどの「金利0.8% 借入金額3,000万円 借入期間35年 年間返済額983,016円(月々返済81,918円)」の例で見てみましょう。この年間返済額に60万円を上乗せするので、1,583,016円が年間返済額になります。

奨学金がない状態の年間返済額983,016円であれば、328万円の年収があれば返済比率は30%未満でクリアしていました。しかし、奨学金がプラスされた年間返済額1,583,016円になると453万円の年収がないと、返済比率35%未満はクリアできません。

このように、奨学金などのほかの借り入れがプラスされると、年間返済額に上乗せされるので審査がかなり厳しくなります。奨学金を返済している方で住宅ローンを組もうと思っている方は、この点を認識しておきましょう。

返済比率の計算は、審査金利が金融機関によって異なるので不動産会社に行ってもらいましょう。

1-3繰り上げ返済か自己資金の増額か

仮に、奨学金の返済ができるくらい一括で資金が貯まっているとします。このような状態のときに迷うのが、「自己資金の増額」をするべきか、「奨学金を一繰り上げ返済」するべきかという点です。

結論から言うと、どちらを選択するべきか金融機関にヒアリングした方が良いです。

多くの金融機関が「繰り上げ返済」というと思いますが、中には「自己資金の増額」という金融機関もあります。

なぜなら、金融機関ごとに審査基準が異なり、「重視するポイント」に違いがあるからです。

自己資金比率を上げることで審査が通りやすくなることも稀にありますので、一応金融機関へヒアリングしてから繰り上げ返済するかどうかは決めましょう。

1 2