住宅ローンの過去推移と今後について

マイナス金利政策とは

マイナス金利政策とは、2016年1月29日の日銀政策決定会合で導入が決まった政策です。マイナス金利政策は、さきほど説明したゼロ金利政策を加速させた政策になります。結論から言うと、マイナス金利政策の導入により、住宅ローン金利は更に低下しました。

マイナス金利政策を導入した理由

インフレマイナス金利政策を導入した理由は、さきほどのゼロ金利政策や量的緩和政策と同様です。つまり、市場にお金を回すことによって、最終的にはインフレ誘導することが目的というワケです。

そもそも、量的緩和政策をとった理由は、金利はゼロに近い水準だったからです。ゼロに近い水準だったので、「金利を下げる以外に市場にお金を供給する方法」として、量的緩和政策に踏み切ったという背景があります。

また、異次元の量的緩和政策を行ったのも、インフレ誘導が上手くいかなかったからです。つまり、ゼロ金利政策や量的緩和だけでは市場へのお金の供給は足りなかったというワケです。そのため、更にお金を供給するために、「異次元の量的緩和」に踏み切ったのです。

そして、ゼロ金利政策をさらに加速するための「マイナス金利政策」に関しては、異次元の量的緩和を導入しても物価が予想より上がらなかったことが原因です。そのため、一旦据え置いた「ゼロ金利政策」を加速せざるえなかったというワケです。

マイナス金利政策の内容

マイナス金利政策とは、民間銀行が日銀にお金を預けている「当座預金」の金利を-0.1%に設定するという政策です。つまり、民間銀行は日銀の当座預金にお金を預けていると、年々お金が減ってしまうということになります。

先ほどいったように、「異次元の量的緩和」により、民間銀行の当座預金には資金が供給されています。しかし、まだ民間銀行はその当座預金にお金を眠らせ、企業や個人へ融資していないお金がたくさんあるのです。そのお金を市場に回すように促したのが、このマイナス金利政策の目的となります。

つまり、異次元の量的緩和により、民間銀行に資金は増えました。さらに、その増えたお金を預けっぱなしにしないように、その預けているお金を市場に回るような仕組みにしたのがマイナス金利政策というワケです。

マイナス金利政策がもたらせた影響

マイナス金利政策が住宅ローン金利にもたらせた影響は、異次元の量的緩和と同様です。銀行側は当座預金にお金を預けているとお金が減ってしまうため、そのお金を融資に回さざるを得なくなりました。

それによって、各銀行ともに住宅ローン融資も加速させるため、より競争が激化したのです。後は異次元の量的緩和のときと同様、優遇金利幅を下げ実質金利を下げる銀行が増えていくという流れになります。そのため、マイナス金利政策も住宅ローン低下につながる政策なのです。

現在の住宅ローン金利

この異次元の量的緩和とマイナス金利政策金利を受け、金利は現在以下のようになっています。

・変動金利:0.497%~※1

・10年固定金利:0.45%~※2

本来、固定金利よりも変動金利の方が金利は低いです。上記の10年固定金利は三井住友信託銀行の金利ですが、ほかの銀行は概ね変動金利の方が低い金利になってきます。そのため、三井住友信託銀行が提供する10年固定金利は、際立って低いと認識ください。

いずれにしろ、先ほどいった「2000年代~2010年頃までの住宅ローン金利」は、変動金利でも低くて0.775%程度でした。今では0.5%を切る金利の銀行も現れているので、金利が低下していることが分かると思います。

※1じぶん銀行
http://www.jibunbank.co.jp/interest_and_commission/interest/?cid=hdr

※2三井住友信託銀行
http://www.smtb.jp/personal/campaign/house/index2.html

1 2 3 4 5 6

マンションの売却をご検討の方へ。

マンションマーケットなら安心・確実に売却できます。

・業界最安水準の手数料
・便利なオンラインツール
・経験豊富な専門コンサルタントが対応

もっと詳しい情報をみる