1DKで快適に暮らす。おすすめインテリアやレイアウトを総チェック!

1DK

1DKに住んでいる多くの方は一人暮らしか、同棲しているカップル、あるいは結婚してまだ数年、という二人暮らしなのではないでしょうか。

1DKはワンルームの部屋とは違い、料理をする場所、そして食べるエリアであるキッチンとダイニングが、プライベートなベッドルームと完全に分かれているのが大きな魅力の間取りです。

でもふたつの異なるシーンを演出できる1DKでも、暮らしていると小さな不満も出て来がち。
特に部屋のサイズによっては、好みのインテリアが出来ない、収納が足りないなど、すぐに解決策が見つからない問題点が出て来る事もありますよね。

ここでは気になる1DKのレイアウトや、おすすめコーディネートを実例とともにご紹介します。
今住んでいる1DKでちょっぴり気になる箇所がある方は要チェック!
気になるコーデを見つけたら、是非自宅のインテリアに取り入れて下さいね。

1DKとは

1DK・間取り

1DKの間取り

1DKとはどんな間取りなのか、ご存知ですか? 1Kや1LDKとどんな違いがあるのでしょうか。
DKの意味はダイニングキッチン。つまり上記の間取りのように、ひとつの個室プラス、ダイニングキッチンの間取りが1DKと呼ばれています。

1Kはひとつの個室プラスキッチンとなり、1DKとの差は『ダイニングエリア』があるかどうか。
また1LDKとの違いはリビングに価するエリアがあるか無いか、の差になります。1Kよりは広く、1LDKよりは小さい、丁度中間の間取りが1DKとなります。

このDK、ダイニングキッチンにあたる部屋のサイズはさまざまで、小さいものは4畳ほどのサイズから。
これだとダイニングテーブルを置くと、かなりギリギリのサイズとなります。
また逆に、大きくなると8~10畳のものもあるので、このサイズだと小さめのソファや食器棚なども置けて、リビング代わりとしても使えそうです。

1DKで暮らすなら、もちろん大きなサイズのダイニングキッチンが好ましいですが、広さは自分の生活スタイルや、その家の地域や家賃などと検討して選ぶ事になるはず。

でも狭いDKでも工夫次第で居心地の良い場所に作り上げられます。レイアウトやコーディネート等、気になる点をチェックしてみましょう。

気になる1DKのレイアウト

1DKのレイアウト

1DKに住んでいる人にとって、やっぱり気になるのはレイアウトのテクニックではないでしょうか。
特にリビングスペースがない1DKでは持ち物に制約が出て来るので、居心地の良い空間にしようと思うと苦労する点が出て来るかもしれません。

知らず知らずのうちに増えてしまう荷物、お気に入りの家具を見つけても置くスペースが見つからない、住んでいてもどうも居心地が悪いなど、気になる点がある方もきっといるはず。

もしも今住んでいる1DKが使いにくいと感じたら、レイアウトについて考える時かもしれません。
ものが増えすぎて困っていたら、厳選して持ち物を減らす。これから家具を買う方は、自分の生活のスタイルを真剣に考える。


毎日過ごす場所ですから、自分の部屋は世界中で一番居心地の良い場所であって欲しいもの。
部屋のサイズと暮らし方に似合ったレイアウトを試みれば、きっと今までよりもずっと快適な毎日を送れるはず!

ここではタイプ別で見る、1DKのレイアウトを考えてみましょう。

1DKのメインルーム、ダイニングキッチンのレイアウトを考える

DKのレイアウト

1DKに住んでいたら、帰宅した時に真っ先にたどり着く部屋。そしてゲストが来た際に最初に目にする場所であるのがダイニングキッチンです。

この部屋をどうレイアウトするかで、その家の印象も大きく変わって来るはず。
まず自分のDKのサイズを良く把握しておきましょう。そして必要な家具のサイズを知る事です。
それは自分の暮らし方を真剣に考慮することから始まります。

毎日の生活が忙しく、しっかりとした料理は週末にしかしない場合や、友人を家に招く事もあまりない、という人には大きなダイニングテーブルは不要です。
逆に家で仕事や趣味の作業を行う時や、料理が生活の息抜きであるなど、テーブルをメインとした暮らしを送る方にとっては、他の家具を省いてでも好みのテーブルを選ぶべき。

家で過ごす時、自分にとって大切にしたい時間はどんなものなのか、じっくり見極める事によって、どんなサイズの家具が必要なのか自然に分かって来るでしょう。

ダイニングキッチンに置く家具のサイズが決まったら、いよいよ次はレイアウトです。住んでいる1DKの条件からぴったりなレイアウトを見つけて下さいね。

狭いDKも怖くない!カウンターでスツールを活用する

DKでカウンター&スツールを活用する

1DKは個室がひと部屋プラス、ダイニングキッチンの間取りですが、このDKの部分がとても小さい場合もあります。
1Kとあまり変わりはないんじゃないの?と思わず聞いてみたくなるサイズの場合、ダイニングテーブルを置く事すらままならない場合も。

もしDKが狭くても、キッチンにカウンターがある場合は迷わずそこをテーブル代わりにしてしまいましょう。
こちらは小さなDKでも、脚部の長いスツールを置いた事によって空間が生まれ、スッキリと見えるレイアウト。
狭いダイニングも広く見せ、かつ空いたスペースを有効に使えます。
コツはカウンターの上を荷物置き場にしない事!

カウンターはキッチンと繋ぎの役目もあるため、ついつい細々としたものを置いてしまいがち。
ふと気付くとカウンターは雑誌やペンの類、カトラリーやカップなどの食器類などで埋め尽くされてしまうことも。

気を付けないと、食事をする事もままならない、なんて状況に陥るはめに。

カウンターをテーブル代わりにする時は、スッキリと整然とした状態にする様心がけましょう。

狭さを克服!折り畳みテーブル&チェアを利用する

折り畳みテーブル+チェア

狭いDKの場合、キッチンにカウンターがあればテーブル代わりに使えますが、オープンキッチンの場合だとそんなわけにもいきません。
ダイニングテーブルを置くスペースも厳しい場合には、折り畳みテーブル&チェアを活用するのがおすすめ!

今は一人用のガーデンテーブルや、キャンプ用のアウトドアグッズなどさまざまなアイテムを室内用としても利用出来るので、これを使わない手はありません。
折り畳む事が出来るので、使用しない時には部屋の隅に片付ける事も可能です。

表に出している時はインテリアの一部になってくれる、デザイン的にも優れて素敵なものがたくさん販売されているので、好みのデザインを見つけてみましょう。
特にキャンプ用のアウトドアグッズはしっかりとしながらも、フォルムはシンプル&シャープに設計されているので、部屋を広く使いたい時にはもってこいのアイテムです。

狭くて使いづらいと思っていたダイニングキッチンも、アイデア次第で広く見せる事が出来、居心地の良い場所にきっと変身出来るはず!

1DKに置く家具は、素材やデザインも要チェック!

素材やデザインを重視したダイニングテーブル&チェア

料理が好きな方は一人で食事を楽しむ以外にも、友達を招いて手料理を出すのが大好き、という人もいるに違いありません。

そんな料理好きの方は、もしDKにダイニングテーブルを置けるスペースがあるのなら、ちょっぴり大きめのテーブルが欲しいところ。
でもテーブルを選ぶ時はサイズ以外にも素材やデザイン、フォルムも考慮する事を忘れないようにしましょう。

テーブル、そしてチェアはデザインがとっても豊富。使っているマテリアルやシェイプによって、見た目の印象ががらりと変わる家具でもあります。
好みのデザインであることはもちろん、部屋が狭く見えないか、使いにくくないか、購入前に熟考してみましょう。

こちらはある程度のスペースを持つDKに、シャープな印象を持つモダンなテーブルを配置。それに合わせてスタイリッシュな脚部が特徴のチェアを合わせ、シンプルかつスマートな雰囲気を作り上げています。

キッチンはただでさえ、ものが多く溢れてしまう場所。スッキリ、スマートに見せたい時に参考になるレイアウトです。

コーナーを上手に利用する

コーナーにテーブルを

DK、ダイニングキッチンは間取りによって窓が大きい場合と小さい部屋が存在します。もし窓が納得のいくサイズのDKだったら、ぜひ太陽の光を存分に楽しみたいもの。

人間だって草木や植物と同じ生き物、移り変わる季節を肌で感じていれば毎日の暮らしもきっと心地良く過ごせるでしょう。
DKで一番太陽を感じられる場所にダイニングテーブルを置けば、毎朝の目覚めも違ってくるはず。生まれたての朝日を浴びて、快適な一日をスタート出来そうです。

窓辺にテーブルを置くレイアウトでおすすめは、こちらのようにコーナーを上手に利用してテーブルを設置するタイプ。
丸いテーブルは角に使用しない部分が出て来てしまい、スペースに問題がある場合ではあまり有効的ではないのですが、こちらのように部屋のコーナーを椅子代わりにすれば、空いたエリアも無駄なく使えるので、狭い部屋でもおすすめのスタイルです。

また、流動的な曲線を持つ家具は部屋を柔らかく見せる効果あり。木目調の家具と合わせれば、優しい時間が流れる部屋作りにきっと一役買ってくれるでしょう。

 

発想を変えて、ダイニングキッチンを有効活用!

テーブルを置かないDKのレイアウト

1DKと1LDKの違いはリビングルームの有無ですが、部屋でゆっくりくつろぎたい人にとっては、リビングエリアが無い事は、とても大きなネックとなります。
仕事で疲れて帰って来たら、のんびりと過ごしてリラックスしたい…。

忙しい毎日を送る人たちにとっては、家は心と体の休ませられる、大切なオアシス。自分にとって、一番過ごしやすいレイアウトにしたいですよね。

『ダイニングキッチン』と聞くと、ついダイニングテーブルとチェアを置かなくては、と思いがち。
しかし日本人は以前は床にちゃぶ台で過ごしていたのですから、同じようにダイニングテーブルを排除して、ローテーブルとラグを用いれば、ダイニングエリアだってリビングに早変わり!

こちらは小さめのテーブルやクッションなど、小振りの家具を用いてシンプルに徹したコーディネート。
TVをメインファニチャーとして、コンパクトにまとめているので、ものが多くても決してごちゃごちゃと感じさせません。

またDKエリアが狭い場合でも、低めの家具は部屋を広く見せてくれるので、高さを感じさせるダイニングテーブルやチェアよりもスッキリとした印象を与えてくれるでしょう。

次のページ>>スッキリするキッチン収納テクニック
1 2 3