1LDKのおすすめレイアウト&コーディネート!おしゃれに暮らすインテリア実例集

今までワンルームに住んでいた人にとっては、1LDKの部屋に引っ越した時はとっても嬉しいものですよね。
くつろぐ場所も寝る場所も、食事をする場所も全てがひとつの部屋にあった家から、別に寝室があるという大きなステップアップ。
ワンルームでは、部屋のサイズによっては欲しいものも我慢して、小さな家具しか置けなかった方も、これからは好きな家具を選ぶ事が出来る!
ベッドルームをいうプライベートの空間を完全に独立させ、リビングやキッチン、ダイニングという暮らしのエリアを別個で楽しむ事が出来る。一人暮らしはもちろん、二人暮らしのカップルにとっても、理想の間取りである1LDK。
どんなレイアウトにすればいいのか、どんなスタイルでコーディネートにしようかと夢は膨らみます。
でも1LDKと言っても部屋の大きさやかたちはさまざま。せっかくお気に入りの家具や雑貨をディスプレイしてみても、何だかしっくり来ない…。そんな悩みを抱えている方はいませんか?
ここでは1LDKという部屋を思いきり活用しておしゃれに暮らしている実例コーデをご紹介します。
これから1LDKに移る人も、今いち現在のコーディネートに満足していない方も、きっと参考になるヒントが見つかるはず!

1LDKってどんな部屋?

1LDKと聞いて頭に思い浮かぶのは、リビング・ダイニング・キッチンの部屋があり、そして寝室が分かれている、という間取りですよね。
居間であるリビング、食事をする場所のダイニング、そしてキッチンがひとつになった部屋、と聞くと、何だかとても大きな部屋を想像してしまいがち。
でも1LDKとは、この「リビング・ダイニング・キッチン」の面積が8畳以上ある部屋の事を差します。8畳の大きさは約13.2㎡、約3.6m X 3.6m と言われています。
たとえ「1LDK」と表示されていても、基準ラインの8畳サイズでは、ダイニングに必要なテーブルや椅子、そしてリビングに必要なソファセットやTVなどを置く事を考えると、実はそこまで大きくない事が分かります。
LDKの大きさは住み心地や家賃に関係してくる重要なポイント。これから1LDKへと引っ越しを考えている方は、今の自分の生活に似合ったLDKはどれぐらいの大きさなのか、充分に考慮する事が必要です。

1LDKのメインルーム、LDKをどうレイアウト&コーディネートする?

1LDKのメインルームであるのが、LDKのエリア。毎日の食事をする場所と、くつろぐ場所が一緒になったスペースです。
違う動作を行う場所を、ひとつの部屋に納めるわけですから、シーンを上手に分けて使えるメリハリのある部屋作りをしたいもの。
でも住まいのかたちはさまざまで、内見の時は広く感じた部屋も、実際住むようになってみると、何だか狭い、あるいは細長い、真四角すぎる、などの使いづらさを感じる事も。
いったいどんなレイアウトにすれば、リビング・ダイニングを住みやすく出来るのでしょうか。
ここでは実際にLDKで暮らしている方のコーディネートをご紹介。たとえパーフェクトな物件でなくても、選ぶ家具やレイアウト次第で住み心地の良い部屋にするヒントがいっぱいです。

L字型のLDKはどう攻める?

住居のサイズは色々違いがありますが、そのかたちも本当にさまざま。その中でもどうやって家具を置けばいいの? と悩みがちなのがL字型の間取り。
でもその独特なラインを見事に生かしているのがこちらのコーディネートです。
L字型では狭く感じるエリアが出て来てしまいますが、そこにコンパクトなテーブルを置いて、リビングスペースをゆったりとさせたレイアウト。
カラーリングもキッチン&ダイニング、そしてリビングに変化を付けているので、しっかりとシーン分けが出来ています。
ひと部屋の一部分だけがサイズが異なる間取りの場合、こちらのコーディネートのようにその部分に合ったサイズの家具を置いたり、色使いを変えてメリハリを利かせるのは大切なポイント。
LDKで大きく使いたい場所はどこなのか、しっかりと分かっておく事が大切です。

サイズが気になるLDKでは発想を変えてみよう

リビング、そしてダイニングに必要な家具を、と考えた時に頭に浮かぶのはダイニングテーブルと椅子のセット、そしてソファ。それ以外にもTVなどのAV機器やセンターテーブル、食器棚など日常必需品を考えると、全てのものを置けない場合もありますよね。
特にLDKがそこまで大きなサイズでない場合、置く家具は何をチョイスすべきかは重要な問題。どれも捨てがたく、どんなサイズの家具を選べばいいのか悩んだ時に、是非見て頂きたいのがこちらのコーディネートです。
ダイニングテーブルにはソファ型の椅子を合わせ、おしゃれなカフェのようになったレイアウトが特徴的。
ダイニングテーブルとソファを一緒に置けないと困っていた方も、こちらのように発想を変えるだけで、開放感を感じさせる広々とした部屋に変身!
すべてのものを詰め込むのではなく、自分だけのアイデアを使って個性を主張する部屋作りをしてみませんか?

細長いLDKは縦のラインを強調しよう

内見の時はそんなに感じなかったけれど、いざ入居してみるとLDKがやけに細長く感じた方はいませんか?
縦のラインが目立つタイプのLDKは、家具の置き方によって狭く見えてしまう事があるので注意が必要。広々とした印象を放ちながら暮らしやすいレイアウトを目指すなら、こちらのコーディネートを参考にしてみてはいかがでしょう。
縦のラインを生かして壁に沿って家具を配置、中央に置くものも細長いラインの家具やラグを使い、部屋を逆に効果的に見せている見事なレイアウト。
室内に風通しの良い空気感を作り出し、実際よりも広く感じさせているテクニックです。
「どうもここが気になる」という問題点が部屋にあったら、それを逆手にとって有効利用するのはレイアウト上級者だけが出来るワザ。気になるポイントもアイデア次第で強い魅力になるという好例です。

カラーリングでワンランク上のLDKへ

LDKの部屋は、くつろぐ場所、食べる場所、料理する場所がひとつのスペースの中にあるので、全てを同じテイストで揃えてしまうとぼんやりとした印象を与えがち。
でもあまりにも違うスタイルにしてしまうと、部屋のサイズによっては目まぐるしく感じる事もあり、コーディネートでは悩みの種。
目的別にシーンを上手く分ける時、参考になるのがこちらのコーディネートです。
カラーリングを見事に使いこなしたことで、3つのシーンがひと部屋の中にありながら、それぞれの役割がしっかりと区分けされているのが分かります。
絶妙な色の違いを活用しながら、家具のスタイルを合わせた事で統一感も生まれ、居心地の良い空間に。
LDKの中に違う部屋の印象を作り出したい時に、きっとお手本となるカラーリングです。

ラグやライトでトータル・コーディネート

3つの異なるシーンがひと部屋の中に展開するLDK。流れをさえぎる事なく変化を付けるには、レイアウトももちろん大切なポイントですが、大活躍してくれるのがライトやラグ、雑貨の存在。
これらを上手く使いこなせば、個性的で彩りのある部屋が出来上がります。
こちらはパッと目を惹くアクセントラグを使い、部屋の中に心地いいリズムを生み出している素敵なコーディネート。キッチン雑貨もトータル・コーディネートを考え抜いた、卓越したセンスを感じさせるものばかり。
ライトも効果的に使われており、家具とのコンビネーションもバッチリです。
置ける家具が決まっているサイズの部屋で、生活動線を壊さずに場面に変化を付ける時は、こちらのコーデのようにラグなどを利用するのはとても良いアイデア。早速自宅のLDKに取り入れたい方法です。

LDKで統一感を出す方法

食事をしたり、くつろいだり、料理を作ったりと異なる動作を行うLDKでは、それに似合った家具を用いるため、ふと気付くとバラバラな印象になってしまう事も。
またLDKに必要な大型家具は少しずつ買い足していく事が多いため、部屋に統一感を出すために悩む事もありますよね。
そんな時は、こちらのコーディネートのように異なる素材でもテーマを合わせていけば、まとまりのあるレイアウトにする事が可能です。
木目調のテーブルややラタンの椅子、ファブリックのソファなど違うフォルムやデザインなのに、かもし出される雰囲気が一緒なので、見事な調和が生まれています。
センスを感じさせるレイアウトにも真似したいヒントがいっぱい!

1 2 3

- 2016年10月13日