2DKをカッコよくコーディネート! ゆとりを感じさせる空間へ

何かと不満が多いと言われる間取りの2DK。幾つもの家を見て、場所や環境、家賃を考慮し選んだ家なのに、他の間取りの家よりも何故か悩みが多いのが2DKではないでしょうか。
一番多く上がる声は、「狭い」「使いづらい」というもの。
今住んでいる
2DKに満足していない方は、狭いからおしゃれに暮らせない、好きな家具を置けないなどの不満を抱え、好みのインテリアにするのは、いつか広い家に引っ越したら… という考えを持っているかもしれません。
でも狭い家では本当におしゃれに暮らす事は出来ないのでしょうか?
決してそんな事はなく、小さな家でだって、カッコいいコーディネートをしている人はきっとたくさんいるはず。
少し発想を変えてみて、モチベーションをアップさせ、オリジナルなセンスを使えば、問題の多い家だってきっと素敵に変身するに違いありません。
ここでは
2DKに不満を抱きがちな問題点を考慮しつつ、イメージチェンジのヒントになる実例を紹介します。
小さな模様替えから大きなリフォームまで、たくさんのアイデアやコーディネートからお気に入りがきっと見つかるはず!

2DKとは

2DKとはどのような間取りなのか、ご存じですか?
DK
はダイニングとキッチン、つまり食事と料理をする部屋があり、他に2つの個室がある家が2DKと呼ばれています。
1LDK
2LDKと違うのは、くつろぐ場であるリビング・ルームがない事。最近ではLDK+個室の物件が増え、今存在するDK+個室の家は築年数が古いものが多いので、家賃が比較的安いのは2DKの見逃せない大きなポイントです。
また、部屋が個別になっているので、部屋を分けて使いたい方や、生活時間帯の合わないカップルや
、一人になる部屋が欲しい二人暮らしの人にとっては魅力的。
2DK
LDK+個室の物件に比べ、価格重視の方や、家の中できちんとした区切りが欲しい方に人気のある間取りと言えるでしょう。

2DKのレイアウト、一人暮らしの場合は?

自分の判断ですべてを決める事が出来る一人暮らし。2DKというちょっぴり独特な間取りの家も自分の思い通りに使えます。
2DKにはリビング・ルームがありませんが、2つある個室のうち、1室をDKにつなげ、LDKとして使う事ももちろん可能。
あるいは、家であまりリラックスする時間はないけれど、家で作業場が欲しい、趣味や収納の部屋が欲しい、などの希望がある場合には、2つの個室のうちひと部屋をベッドルームに、もうひと部屋を自分の好きな使い道で、という方法を取る事が出来ますね。
1LDKの部屋に比べてみても、大きさがあまり変わらない事もある2DK。
1LDKのように使うか、2つの個室の良さを生かして使うのか。一人暮らしの方は自分の生活スタイルを考慮して、自分にぴったりなレイアウトにしてくださいね。

二人暮らしの2DKは、どう使う?

二人暮らしをしているカップルの中には、個室が2つある2DKを選ぶ方も多いはず。
特に一緒に暮らしていても、自分ひとりの時間やスペースが欲しい方たちにとってはとても魅力的な間取りであるのが
2DKです。
また、仕事で忙しい二人や、休日も外に出かける事の多いアクティブなカップルだと、ソファを置くスペースであるリビングルームはいらない、という方もいるかもしれませんね。
その逆に、家の中でもっと一緒にいる時間が欲しいというカップルの方。
二人でくつろぐ事の出来るリビング・ルームが欲しい方は、
2つの個室うち、ひと部屋をリビングにして残りの1室をベッドルームとして使えば、1LDKと同じように2DKを使う事が出来ますね。
2DKで二人で暮らす場合にはどちらのタイプが向いているのか、お互いにとって一番居心地の良い家となるレイアウトを考えてみましょう。

2DK、赤ちゃんのいる暮らし

待望の赤ちゃんがやって来た! 嬉しさもひとしおですが、2DKのスペースを考えると、大人二人と赤ちゃんが一緒に暮らす事に悩むママもいるようです。
特に問題になるのが、寝る場所をどうすべきかという事。ベビーベッドを入れるスペースがない、あるいは部屋を広く使いたいなら、ベッドではなく布団で眠るのが一番です。
昼間は布団をしまう押入れなどのスペースがあればそこへ、無い場合でも折りたたんで部屋の隅に置けば、昼間は丸々その部屋を使う事が出来るのが嬉しいですね。
さらに布団であれば、お子さんがベッドから転がり落ちてしまう心配もありません。
ベッドを既に所有しており、処分する事が難しい場合は、赤ちゃんを壁際に寝かせるなどの対応をしていきましょう。
2DKなら個室が2つあるので、この時期だけパパは別室で眠る事が可能です。

2DKに住むのなら、部屋を広く見せるコツを知ろう!

個室が多い、家賃が安いなどメリットもたくさんある2DKですが、インテリアやの事を考えると、やはり使いづらいとの声が上がる事があります。
それはリビングに該当する部屋がなく、また2つある個室のため、各部屋のドアが閉めらていると生活動線がそこで途切れてしまい、実際の総面積よりも狭く感じてしまうから。
そのため2DKと同じ大きさの家を比べてみると、リビング・ダイニング・キッチンと繋がっている家の解放感には負けてしまう事があります。
それでもレイアウトやコーディネートのコツさえ知っていれば、狭く感じる部屋だって広々とした印象に変えることが可能です。
ここでは小さなサイズの部屋でものびのび出来る、心安らぐ部屋作りをしている実例をご紹介。上級者のテクニックからヒントをもらって、早速悩みの多い
2DK
に活用してみましょう!

派手な色は抑えて、ホワイトカラーを上手に使う

部屋数はあるけれど、1室ずつがそこまで大きくもなく、リビング・ルームがないために狭く見えてしまう2DK
ここにたくさんの色を使い、カラフルなデコレーションを試みると、圧迫感を感じさせる部屋になってしまう事も
強烈なカラーや派手な色合いはインパクトが強いので、たくさん使うと部屋を狭く見せてしまいます。
解放感を感じさせる部屋作りを目指すなら、色調は抑えてみるのがコツ。
広々として窓から部屋の中心へ風が吹き抜けていくような印象を求めるのなら、メインカラーのおすすめは白!
こちらは床から壁、家具やカーテンもホワイトでまとめ、清涼感を感じさせるスッキリとしたコーディネートです。白い中に
AV機器のブラックが丁度良い差し色として大活躍。
ホワイトカラーは家具はもちろん、雑貨も集めやすいアイテムなので、様々な種類の中から自分好みのものがきっと見つかるはず
全体を白でまとめれば、スマートなイメージで部屋を広く見せてくれる事請け合いです。

ミニマルライフこそ、部屋を広く見せてくれる

部屋が狭いと嘆く方は、その部屋の中をじっくり眺めてみた事はありますか? 部屋の中にあるもので、本当に必要なものはどれでしょう。
あれもこれも思い出がいっぱいで捨てられない、と思う方もいるかもしれませんが、部屋にはその部屋のサイズに合ったものしか置けません。
あまり使っていなかったものや、必要のないものは手放して、本当に現在の自分にとって大切なものだけを残す、ミニマルライフを始めてみませんか?
こちらはミニマルを追及し、家具もシンプルで機能美に優れたものを厳選、驚くべきほどスッキリとした部屋が完成しているコーディネート。
木目調の家具や観葉植物など心を潤すアイテムを上手に取り入れ、シンプルですがあたたかみのある空間を作り上げています。
今までものが捨てれなかった方も思い切って手放せば、部屋はもちろん、心の中までスッキリと片付くに違いありません。

低めの家具で、ゆとりのある部屋作りを

背の高い食器棚や本棚がある部屋を見て、息苦しさを感じた事はありませんか?
人間の視線と同じくらい、または視線よりも高い家具はたとえ壁に沿って配置されていても、視覚的に部屋を狭く見せてしまう効果を持っています。
さほど大きくないスペースを有効に使うなら、低めに作られたロータイプの家具を使う事は鉄則。家具の選び方のヒントは、その部屋での生活動線、そして視線の流れです。
こちらのコーディネートはソファに座る事をメインの動作とし、その他の家具はソファよりもロータイプを選んだ事で、ソファに座った時に圧迫感を感じる事がなく、コンパクトなサイズでもゆとりのある部屋になっています。
あたたかみのあるライトやグリーンの存在、カラーリングのバランスの良さなどで、実際よりも広い印象を与えてくれる素敵なコーデ。
ロータイプの家具を取り入れる時には是非お手本にしてみて下さいね。

扉を取り外す事が出来たら、おすすめはビーズカーテン

2DKを狭く見せているひとつの理由が、個室が多く各部屋にドアが付いているから。扉が閉まっているとそこで部屋の動線が途切れ、本当の大きさよりも小さく見えてしまうのです。
もし可能であれば、扉は取り外して使う方がベター。でもすべての部屋の扉を外してしまうのは不安に思う方もいるかもしれません。
突然の来訪の際などに、プライベートなエリアを隠したい時におすすめなのが今流行りのビーズカーテンです。
パーティションや家具などで完全にシャットアウトしてしまうと、せっかく扉を外した意味がありません。
ビーズカーテンならある程度の透け感を持ち、ニュアンスのある部屋作りにもバッチリ!
さまざまなデザインが出ているビーズカーテンなので、部屋のインテリアにぴったり合った素敵なものを探してみましょう。

クローゼットがない時は、オープンラック&ファブリックを利用して

たたでさえ狭さを感じている部屋に、収納がないと大変! それでなくても増えていく洋服やバッグなどは、片付ける場所をきちんと確保していないと、乱雑な部屋へ一直線に向かってしまいます。
でも存在感たっぷりなクローゼットを部屋に置くと、ますます部屋が狭く感じ、生活するにも息苦しくなってしまいそう。
解放感を感じさせる収納アイテムで人気なのがオープンラックですが、色とりどりの洋服をかけておくのも、実は部屋を狭く見せてしまいます
女性のクローゼットの中身は一色のみ、という事はまずありえないので、オープンラックを使うなら、こちらのコーディネートのように、カーテン代わりのファブリックで衣類を隠すのがおすすめ。
手前にファブリックを配置すれば衣類の色調をカバーし、その柔らかな質感で部屋にあたたかみと解放感を与えてくれます。
カーテンとして使用する布は、出来れば淡い色彩、そして柔らかな手触りを持つ素材を選ぶと良いでしょう。

1 2 3

- 2016年10月28日