マンションコンシェルジュとは一体何か?仕事内容から導入のメリット・デメリットについても解説

マンションには「コンシェルジュ」というサービスがあります。コンシェルジュサービスを導入しているマンションはそれほど多くありませんが、コンシェルジュ付きマンションは高級マンションの代名詞ともいえるでしょう。

今回は、そんなマンションコンシェルジュについて詳しく解説します。実際にどのような業務を行い、どのようなメリット・デメリットがあるのかを解説し、コンシェルジュになるためにはどうすれば良いかも合わせて解説します。

目次

1.コンシェルジュとは
☞仕事内容
・共用施設の申込
・宅急便の受付
・クリーニングの取次
・各種手配
☞管理人との違い
☞どういったマンションにコンシェルジュがいるか?
☞コンシェルジュの依頼と停止
・分譲マンションの場合
・コンシェルジュの導入停止

2.コンシェルジュのメリット・デメリット
☞コンシェルジュのメリット
・入居者の利便性向上
・資産価値が上がる
・防犯面で安心
☞コンシェルジュのデメリット
・管理費の上昇
・周辺環境によっては不要
・防犯面の心配

3.コンシェルジュを導入する理由
☞マンションの付加価値を上げたい
・商品とは?
・コンシェルジュの付加価値
☞管理費のカラクリ
・マンション全体の収入
・稼働率に注意

4.コンシェルジュになる
☞コンシェルジュの雇用形態
☞コンシェルジュはどのような人が就く?
☞コンシェルジュのやりがい
☞待遇など

5.まとめ

1.コンシェルジュとは

コンシェルジェ
コンシェルジュとは、「マンションで入居者の応対をする管理人のような役割」を担う人たちのことです。

多くのコンシェルジュが管理会社から派遣される人で、入居者からの要望を解決するのが主な役割になっています。

コンシェルジュは、和訳すると「門番、守衛」や「 (ホテルの)接客係、劇場の切符や旅行の手配などサービス」になります。
良く勘違いされがちですが、いわゆる「マンションの管理人」とは役割が異なってきます。

仕事内容

コンシェルジュの仕事は、実に多岐に渡ります。マンションによって多少役割が異なってきますが、コンシェルジュはマンションの入居者に対して以下のようなことをしてくれます。

・共用施設の申込

・宅急便の受付

・クリーニングの取次

・各種手配

マンション住民の要望があれば、上記以外にもコンシェルジュの役割の範囲内で入居者のサポートをしてくれます。

共用施設の申込

コンシェルジュは大規模なマンションに設置されていることが多いので、マンション自体に共用施設がある場合が多いです。
共用施設とは、「スポーツジム」や「キッズルーム」「ゲストハウス」などのことです。

たとえば、週末に親戚が来るのでゲストハウスを利用したい場合には、コンシェルジュに相談すれば予約をしてくれます。
大抵のマンションはネットから自分で予約を行うことができますが、高齢者の方などは代理で行ってくれると楽です。

宅急便の受付

コンシェルジュは宅急便の受付も代行してくれます。
宅配ボックスがあるマンションも多いですが、マンションの戸数分の宅配ボックスがあるワケではありません。
最近はネット通販も盛んなので、不在時も預かっておいてもらえるコンシェルジュは非常に便利です。

クリーニングの取次

クリーニングの取次もコンシェルジュが行います。
クリーニングは、宅配ボックスを介して依頼できるマンションもありますが、その場合はクリーニングで依頼した分のボックスは不在時に使えないボックスになってしまいます。

また、毛布や布団など、かさ張るモノに関しては、直接クリーニング店へ持っていくしかありません。
コンシェルジュがいればコンシェルジュに預けることができますので、クリーニング店まで持っていく手間はかかりません。

各種手配

ほかにもコンシェルジュはタクシーやハイヤーの手配、花の宅配の仲介など、入居者からの要望に応えています。

管理人との違い

違い
上述した通り、コンシェルジュは管理人とは役割が異なります。
コンシェルジュは、「入居者の要望に応える・サポートする」という面が強いですが、管理人は「マンションの維持・管理」という役割がメインです。

管理人の具体的な業務は、たとえばマンション内を点検したり清掃したり、マンション内の巡回をしたりという業務です。
もちろん、管理人も入居者からの質問や要望にも対応しますが、コンシェルジュほど行うサービスの範囲は広くないです。

マンションによっては管理人が常駐していない場合も多く、マンションにいたとしても受付に滞在しないことも多いです。
一方、コンシェルジュは決まった時間(24時間の場合もある)必ずカウンターに常駐しています。

どういったマンションにコンシェルジュがいるか?

先ほどいったように、コンシェルジュが付いているマンションは大規模マンションであることが多いです。
また、マンションとしては「高級」といわれる、立地が良いエリアなどにもコンシェルジュは多いです。
その理由は以下の通りになっています。

・管理費が上がるため

・サービスを利用したい人の人数が多いため

・ホテルライクな仕様になっているため

後述しますが、コンシェルジュは管理会社のサービスの一部であるため、コンシェルジュに支払う人件費は管理費に含まれています。
そのため、小規模なマンションでコンシェルジュを導入すると、1人当たりの管理費が上がります。
それが理由で、入居者が多い大規模マンションでコンシェルジュを導入していることが多いのです。

また、大規模マンションは入居者が多いので、上述したようなサービスを受けたいと思っている方が多いのも理由の一つになります。

そして、コンシェルジュがいるとホテルのような雰囲気になるので、高級マンションとの相性が良いです。
利便性はもちろん、高級マンションの付加価値として導入する場合もあります。

コンシェルジュの依頼と停止

コンシェルジュは管理会社に不随するサービスなので、コンシェルジュを導入するかどうかはマンションの住民の意思で決めることができます。
そのため、コンシェルジュの導入を途中から行ったり、コンシェルジュの導入を停止したりすることもできます。

分譲マンションの場合

分譲マンションにコンシェルジュが導入されている場合には、そのマンションの売主がコンシェルジュを導入する前提でマンションを販売しています。
売主である不動産ディベロッパーは、マンションを販売するときにソフト面のサービスも決めます。

管理会社の選定も不動産ディベロッパーが決めますし、それに付随するコンシェルジュの導入もマンションの販売時には決めておくということです。
つまり、コンシェルジュ付きのマンションは、売主の意思によってコンシェルジュの導入が決まっているということです。

コンシェルジュの導入停止

コンシェルジュの導入を停止するときには、「管理内容の変更」になるため、管理組合の決議によって決まります。
管理組合とは、入居者で組成される組織のことです。
要は、「入居者の意思」によってコンシェルジュサービスの停止をするかどうかが決まるということです。

実際には、管理組合の総会、もしくは書面にて全住民に「コンシェルジュを停止するか」の書面を差し入れます。
その後に決議を取り、住民の意思で停止するかどうかの決定を行います。

1 2 3 4