【マンションマニア】無理をしない住まい購入&賃貸派の方にもおすすめの戦略的な消費

どうも!マンションマニアです!

無理をしない住まい購入

このような記事は何度か書かせていただいてはいるのですが今の市況を考慮しつつ再度記事化させていただきます!

細かいライフプランについてはその道のプロであるFPさんに聞いたほうが間違いないですがメインで働く方のご年収×7倍を住宅ローン借入金額の安全な範囲という考えのもと住宅購入相談を実施しています。

マンション価格高騰の影響で年収×9倍どころか、世帯年収×7倍などの無理がある金額を住宅ローンで借りようとする方が多くなってきており正直なところ心配になります。

もちろん無理をして目一杯借り入れしても良い属性の方もいます。

例えば

①多額の貯金、資産などがあり、あえて戦略的に多額の住宅ローンを組む
②物件自体の価値が高い
③マンション自体が趣味である(私みたいに趣味を兼ねてるなら無理しても良いかと、笑)

などです。

②に関しては物件自体の価値が高ければ「売ればどうにでもなる」わけですから毎月の負担が苦しくないのであればけして悪い選択肢ではないでしょう。

しかしながら一般的なマンションに対して諸費用分くらいの貯金しかない状態で身の丈に合わない金額のマンションをオーバーローンで購入した場合、生活が苦しいだけでなく住宅ローン破綻と隣り合わせの状態になるでしょう。

例えばですが旦那様のご年収が600万円、奥様のご年収が300万円、貯金が300万円あったとしましょう。子供の予定は今のところないがいずれは欲しいと。通常であれば3000万円、どんなに頑張ったとしても4000万円弱の借り入れにすべきですよね?しかしながら最近では同じような条件の方でも5000万円、6000万円の借り入れをしようとする方が多いのです。貯金(資産)が数千万円あるわけでもなしに。。

繰り返しになりますがマンションが趣味なら話は別です。ただ、そうでなければそこまで無理しなくてもいいのではないかぁ~と思います。

最近の住宅雑誌では「世帯年収」を前提にした購入検討者向けの記事を見かけますがそれも影響の一つでしょうか。

60㎡以上で4000万円以下、駅近で資産性も高い築浅中古マンションはたくさんあります。都心まで40分かからない場所でです。新築にこだわらなければ選択肢はいくらでもあります。

1 2

- 2017年09月07日