閲覧アクセスの多い新築タワーマンション記事5選をランキング形式で紹介!

閲覧アクセス過去配信されたマンションサプリのタワーマンションの記事の中で、特にアクセスの多い記事をランキング形式で紹介します。

まずは5位から!

第5位
都心の中で壮大な自然が広がる代々木公園を見下ろす「ブリリアタワー代々木公園クラッシィ」』

第5位は、「ブリリアタワー代々木公園クラッシィ」の記事です。

「ブリリアタワー代々木公園クラッシィ」の最大のポイントは、「駅近」「代々木公園」「交通利便」の三拍子が揃った好立地。2駅利用可能で、駅徒歩2分という希少の高さ。駅徒歩2分の距離は、商業施設がメインとなりなかなかマンションが建つ機会が限られます。(同記事より

「ブリリアタワー代々木公園クラッシィ」は、大自然「代々木公園」を庭とする贅沢さを味わうことが出来るタワーマンションです。

第4位
活気あふれるに二俣川に誕生する「グレーシアタワー二俣川」

第4位は、「グレーシアタワー二俣川」の記事です。

地上29階建て、総戸数421戸という大規模なつくり。駅前の再開発にともなって建設されるマンションです。駅前を再開発する一環として誕生するグレーシアタワー二俣川が駅前の新たなランドマークタワーとなりそうです。(同記事より

二俣川は、現在、駅前の再開発で注目度の高いエリアです。この駅前の再開発とグレーシアタワー二俣川は一体となって開発されているのが大きな特徴で、マンションから駅へはダイレクトに繋がっているので、雨に濡れずに快適に移動できます。

続いてトップ3の発表です。

第3位
都会的な街並みに調和する斬新な外観!タワーマンション「パークコート青山 ザ タワー」が芸術的

第三位にランクインしたのは、「パークコート青山 ザ タワー」の記事です。

そしてパークコート青山ザ タワーの驚くべきところが「斬新」という言葉がぴったりなほどの外観。まるで外国の建物のような不思議なデザイン。一般的な建物が直線で設計されていることを覆したかのように、丸みを帯びた曲線で設計されています。美しく見とれてしまうほどの芸術的な造りと感じてしまう方が多いのではないでしょうか。(同記事より

「パークコート青山 ザ タワー」は、青山に建つタワーマンションで、その外観の奇抜さはもちろん、まるで宮殿と見間違えるような共用施設の豪華さは必見です。

続いて、第2位の発表です。

第2位
待機児童0人の千代田区に住まう「アルファグランデ千桜タワー」

第2位は「アルファグランデ千桜タワー」の記事でした。

「アルファグランデ千桜タワー」の最大の売りとしては、岩本町駅徒歩1分、さらに徒歩13分以内で13駅13路線が利用可能な好立地。ここまでの利便性は他ではなかなか探しても見つからない希少立地です。その希少性からも将来的な資産価値、リセールバリューも期待できる条件が揃っていると思います。(同記事より

「アルファグランデ千桜タワー」は、秋葉原と神田の間に位置するビジネス街と生活の街が融合した岩本町に建つタワーマンションです。総計13駅13路線ものアクセスを利用できるという、他では考えられない交通利便の高さを持っていることが大きな特徴となっています。

そして、いよいよ第1位の発表です!

第1位
都心なのに自然を味わえるマンション「ブリリアタワー上野池之端」

タワーマンション記事アクセス1位は、「ブリリアタワー上野池之端」の記事でした。

2019年3月完成予定で全361戸の大規模なタワーマンションのコンセプトは「We Love Here.」~この国が好きだ・・・。緑あふれる公園に囲まれた歴史ある日本的な公園と自然の美しい緑の周囲に広がる都会の街並みが融合した景色になることでしょう。(本記事より

「ブリリアタワー上野池之端」の北東側には上野恩賜公園、南西側には旧岩崎邸庭園が広がっているので、まるでマンション自体が自然に囲まれている感じがするほど自然豊かな立地に建っています。

いかがだったでしょうか?
以上、アクセスの多いタワーマンション記事5選でした。
来月もマンションサプリとして、引き続き「マンション」を軸に有益な情報を提供していきます。
※注:本記事はマンションマーケットが、自社のサービス利用促進及び、マンション売買検討ユーザーへの情報提供を目的として作成しております。内容については編集部の独断と偏見で作成しており、当該マンション事業者からの金銭等は一切発生しておりません。

マンションの売却をご検討の方へ。

マンションマーケットなら安心・確実に売却できます。

・業界最安水準の手数料
・便利なオンラインツール
・経験豊富な専門コンサルタントが対応

もっと詳しい情報をみる