二人暮らしのおすすめインテリア。レイアウトやコーディネートで狭さも克服!

二人暮らしインテリア

長く一緒に暮らすカップルも、生活を共にしてまだ間もない二人も、心の奥底にある気持ちはきっと同じ。一人よりも二人で一緒に過ごしたい。
そんな気持ちでスタートした二人暮らし、相手を思いやる心に変わりはなくても、住む場所によってはちょっぴりため息をつく日もあるかもしれません。
二人で住むには狭い、収納が少ない、間取りや家具の配置に納得がいかない…。

住居をパーフェクトな条件で揃えられる人たちはむしろ少数派。
お互いの気持ちが冷める事なく、二人にとって居心地の良い家にするためにも、困った点が多少あっても、二人のアイデアとセンスでクリアしていきたいですね。

ここでは二人暮らしの方へ送る、おすすめインテリアやレイアウトをご紹介します。今の二人の住まいに少し不満がある方も、これから二人暮らしを始める方も要チェック!

世界で一番快適な、スウィートホームを二人で作り上げて下さいね。

間取りから知る、二人暮らしのおすすめレイアウト&コーディネート

二人暮らし・間取り

二人暮らしをしている人たちは、それぞれの年齢や状況によって、住まいのかたちはさまざま。ひと部屋しか個室のない家で暮らすカップルもいるでしょうし、お互いが個室を持てる二人もいるでしょう。
たくさんのスタイルがある二人暮らしですが、どんなサイズの家に住もうとも、お互いにとって一番心が安らぐ場所であって欲しい気持ちに変わりはありません。

もし、一緒に暮らす事によって、一人でいる時よりも住み心地が良くないと感じたら、きっと模様替えのタイミング。
お互いの気持ちが今よりもっと深くなるように、一緒に心地良い家へ変えていきましょう。
ここでは間取り別に知る、おすすめレイアウト&コーディネートをご紹介します。今住んでいる家の間取りでちょっぴり納得がいかない方は、ヒントをもらって下さいね。

1K、もしくは1DKで暮らす二人暮らし

160825_ドルチェ京橋壱番館_間取り図

1DK・間取り

1K、もしくは1DKで暮らすカップルは、きっとまだ同居したての若い二人なのではないでしょうか。もう少し広い家に住みたくても、今は節約第一! と決めている二人もいるかもしれません。

もし1K、あるいは1DKで二人暮らしを始めるのであれば、こちらの間取りのようにキッチンがクローズタイプのものがおすすめ。
個室に充分な広さがあれば良いのですが、そうもいかない場合には、オープンタイプのキッチンではベッドルームの中に料理する場があるように感じられてしまいます。

また、個室がそこまで大きく無い場合は、クローゼットの大きさも要確認。二人で暮らし始めると思いがけないほど、荷物がある事に気付くはず。
収納の事で喧嘩しないよう、お互いに荷物は厳選し、それがきちんと収まる収納場所がある事を確認しておきましょう。

1K、1DKの二人暮らしにおすすめレイアウト

1K or 1DK おすすめレイアウト
1K、もしくは1DKの間取りでは、個室の主役はベッドになってしまう事がしばしば。しかしベッドを前面に押し出したレイアウトでは、せっかくの休日もだらけたままで、終わってしまう事もありそうです。
また一日を終えた夜も、すぐにベッドにごろり、と横になるのではせっかくの二人の時間もちょっぴり淋しい。
そんな時は、ベッドとリラックスエリアを分ける事!
間仕切りやファブリックなどを用いてベッドを見えないようにするのが一番の方法ですが、個室のサイズによってはそうもいかない場合もありますよね。


そんな時はこちらのコーデを参考にしてみてはいかがでしょう。ベッドサイドテーブルを、敢えて違う方向へ置いた事で、しっかりと区切りの役目を果たしています。

とても小さな家具ですが、その視覚効果は抜群。ひとつしか個室がない中で、ぜひ覚えておいて欲しいテクニックです。

1LDKで暮らす二人暮らし

161008_LS麻布_間取り図

1LDK・間取り

おそらく二人で暮らすのに、一番ぴったりと来るのが1LDKの間取りではないでしょうか。
プライベートな寝室を完全に分け、二人でくつろぐ事が出来るリビング・ダイニングエリアが完備された1LDKは、多くのカップルが選ぶ間取り。

それだけにその間取りは多種多様で、これが一番のおすすめ! とは言い難いところがあります。
キッチンはオープンタイプなのかクローズタイプなのか、LDKとベッドルームの大きさなど、それぞれのカップルのライフスタイルや好みのよって、選び方は大きく変化してくるでしょう。

それでもこれだけはチェックして欲しい項目が、LDKと個室に充分なサイズの窓がある間取りかどうか。
人間だって植物と同じ。太陽を必要とする生き物です。たとえ寝室では夜眠るだけ、という二人でも、窓の小さな部屋で寝起きしていると息苦しさを感じて来るはず。

これから二人で暮らす1LDKを探す方は、サイズや収納ももちろんですが、窓や採光を必ずチェックして下さいね。

採光の少ない寝室のおすすめコーディネート

ベッドルームを明るく見せるコーディネート

全ての部屋に納得のいくサイズの窓がある間取りがおすすめとは言っても、予算や環境によっては、窓が小さい家に住まなくてはいけない場合もあるかもしれません。
あるいは隣の建物との都合によって、窓に充分なサイズがあっても普段は開けられない、もしくはカーテンはいつも閉めっぱなし、というケースも。

そのような状況の家の場合におすすめコーディネートはこちらです。
自然の光が少ない部屋に、強烈な色彩を使うと重い印象を与えますが、こちらのコーデではクールな雰囲気をもたらすグレーと、光を跳ね返す力を持つ白を上手く使い、スタイリッシュで明るい部屋に。
またダウンライトとペンダントライトを組み合わせて、灯りを上手にコントロールしています。

もし柔らかい印象の部屋を目指すなら、壁紙はウォームカラーを使ったり、ファブリックにふんわりとしたマテリアルを使えば、息苦しさも薄らぐはず。
採光の取り入れ方に問題を抱えている方におすすめのコーディネートです。

カップルで暮らす2DKの間取り

2DK間取り

2DK・間取り

意外にも二人暮らしに人気のある間取りが2DK。リビングエリアが無い間取りですが、個室が2部屋あるのが魅力的で、生活の時間帯が違うカップルに大人気。

寝室がお互い別であれば、眠る時間に差が出ても相手を起こしてしまう心配もありません。またどちらか一方が在宅ワーカーである場合など、自宅で集中する時間が欲しい二人にとっても、魅力的な間取りです。

あるいは衣類や趣味の持ち物が多かったりすると、1室を寝室に、もう1室をクローゼット代わりに使うなど、使い道が色々あるのも大きなポイント。

2DKのネックとなるのが、やはりリビングに相当するエリアがないため、ソファなどを置いてくつろぐスペースが取れない事。
個室のうち1室をリビングエリアにする方法もありますが、2DKの間取りの部屋を選ぶ時は、DKの大きさを充分にチェックしましょう。

あまりにもDKのエリアが狭い場合、ダイニングテーブルを置く事すらままならない場合も。
お互いの生活スタイルを充分に考慮した上で、好みのDKサイズがある間取りを選んで下さいね。

2DK、狭いダイニングキッチンのおすすめコーディネート

狭いDKのコーディネート

2DKの最大の難点、リビングエリアがない代わりに、やっぱり広めのダイニングキッチンが欲しいもの。2DKに暮らすカップルは誰しもそう願うものだけど、なかなか希望通りにはいかない場合もありますよね。

もしDKエリアが狭い場合、ダイニングテーブルは小さめサイズを選ぶのは鉄則。
でも小さい、シンプル、などあまりにも趣味とかけ離れてしまうと、暮らしているうちにダイニングキッチンはあまり好きではないエリアになってしまいます。
二人で一緒に過ごすせっかくのディナータイムも台無しに。

もしDKが狭く悩んでいても、ダイニングキッチンに個性を出す事はもちろん可能。こちらのコーデは壁に鮮やかなターコイズブルーを使い、爽やかかつスタイリッシュな印象に。
さらにダイニングチェアに個性的なデザインを用いて、ポップでキュートなダイニングに変身!
ダイニングテーブル横に、長い鏡を設置したのも部屋を広く、明るく見せる効果を放っています。

不満が出やすい狭いDKも、アイデアとセンス次第で素敵な場所へチェンジが可能。料理を楽しく、美味しい食事が出来るエリアへの変化を希望している時に、参考となるコーディネートです。

二人で暮らす2LDKの間取り

2LDK間取り

2LDK・間取り

荷物の多いカップルも、たまには一人でゆっくりとした時間を過ごしたい大人の二人にも、きっと満足出来るのが2LDKの間取りではないでしょうか。

一人で1部屋使っても良し、寝室は一緒でもう1部屋をワークスペースにしたり、ホビールームにしてみたり。
また、上記の間取りのようであれば、ゲストが来た時は開放してリビングダイニングのスペースを広げる役目も果たしてくれます。

2LDKで二人暮らしをする時は、ふたつの個室が狭いケースもありますから、個室でどのように過ごすのか、予め分かっておく事が大切。
寝室は一緒、もう一部屋は多少狭くても大丈夫という場合には、マスターベッドルームの大きさをじっくりと検討する事。
あるいは二人がそれぞれの個室を使う場合には、お互いにどれぐらいのスペースが必要なのか確認しておきましょう。

家はそうそう簡単に引っ越せるものではありません。これから2LDKで暮らすカップルは、後で悔いのないように充分に間取りについて考えて下さいね。

せっかくの2LDK、リビングダイニングのメリハリはどうつける?

リビングダイニングにメリハリを

理想とも言える間取り、2LDKで二人暮らしを送る事が出来るのは、とてもラッキーな人たちに違いありません。
お互いにとって充分なスペース、そしてスープの冷めない距離感と、カップルで暮らすために必要事項が全て揃っている間取りと言えるでしょう。

そんな2LDKのメインルーム、リビングダイニングではどんなインテリアを心掛けていますか?
リビングとダイニングが分かれている間取りは少なく、多くの場合は1室に食事をする場所とリラックスするエリアが同居しているのではないでしょうか。

ここにメリハリを効かせ、シーンを見事に区切ったコーデがこちら。デザインやフォルムの違うチェアを用いて、自由な雰囲気に作り上げており、またファブリックの使い方も素敵です。
もしLDKが長方形の場合、リビング用とダイニング用の家具を平行に置くとシーンの使い分けが難しい場合も出て来ます。
そんな時は、個性的なラグを上手く使って、異なるシチュエーションを演出してみましょう。

ラグは大きな面積を使うため、目にパッと飛び込んでくるアイテム。そのためつい無地などの無難なデザインを選びがちですが、たまには思い切って冒険してみるのもおすすめです。
きっと見違えるLDKが出来上がるはず!

1 2 3

- 2017年04月10日