住宅ローンを利用する際に大切な「団体信用生命保険」とは

「団体信用生命保険」という言葉を聞いた事があるでしょうか?住宅を購入する時には住宅ローンを組んで購入する方が多いです。その住宅ローンに加入した方に万が一の事があったときのために加入する生命保険のことを「団体信用生命保険」と言います。 住宅ローンを組む時には「金利」や「借入期間」の事に目が行きがちなので、「団体信用生命保険」の事は意外に知らないという事は多いのではないでしょうか。今回は忘れがちですが意外と重要な「団体信用生命保険」についてご説明致します。

目次
1 団体信用生命保険とは?
  • 1-1 団体信用生命保険の種類
  • 1-2 団体信用生命保険に加入出来る人・出来ない人
  • 1-3 注意すべきポイント
  • 2 金融機関ごとの違い
  • 2-1 民間金融機関とフラット35
  • 2-2 注意点
  • 2-3 フラット35団体信用生命保険のポイント
  • 2-4 団信加入前に現在加入している保険を見直すとよい
  • 2-5 繰り上げ返済で早めに完済した時
  • 3 まとめ

    1.団体信用生命保険とは?

    団体信用生命保険とは、住宅ローンを組んだ方に不幸があったり、高度障害になってしまったりした場合に、ローンの残債を返済してくれる保険の事を指します。団体信用生命保険が必須加入になっている金融機関は、年収や頭金などの「ローン審査」とは別に、「団体信用生命保険に入れるか?」という審査もあり、過去の病歴などの告知の中に「加入不可」の項目があれば住宅ローン自体が組めなくなります。

    ・1-1団体信用生命保険の種類

    団体信用生命保険の種類は金融機関によって様々ですが、一般的には大きく分けて4種類あります。 まずは1つ目が、通常の「団体信用生命保険」です。こちらは先述したように、住宅ローンを組んだ方に不幸があった場合と高度障害になった場合にローンの残債が支払われます。

    次に「三大疾病」と呼ばれる保険で、こちらは通常の団体信用生命保険に加え「がん」「脳卒中」「急性心筋梗塞」になった場合にもローン残債が支払われます。月々に別途支払いが生じる事はありませんが、住宅ローンの金利0.3%が上がります。 次は「七大疾病」と呼ばれる保険です。上記三大疾病の他に「肝硬変」や「糖尿病」「慢性腎不全」「高血圧性疾患」の生活習慣病になった際にローン残債が支払われます。こちらは金利上乗せタイプではなく、毎月支払いをするタイプです。 そして最後に「ワイド団信」と呼ばれる保険です。この保険は通常の団体信用生命保険と内容は同じですが、通常の団体信用生命保険よりも審査が緩くなっています。過去の病歴などで通常の団信に加入できずに住宅ローンが組めない方は、こちらを使うケースがあります。但し0.2~0.3%程金利が上がります。

    この他にも金融機関によっては「八大疾病」などの種類もありますが、いずれも金利が上がるか、別途料金が発生するプランがほとんどです。

    ・1-2団体信用生命保険に加入出来る人・出来ない人

    団体信用生命保険は住宅ローンに付随していますが、あくまで「生命保険」なので借入審査とは違い審査が別途あります。審査内容は主に過去と現在の病歴を見るもので、ローン審査の申込の際に自己申告で用紙に記入します。例えば「最近3か月以内に医師の治療や投薬を受けた事があるか」や「過去3年以内に週二回以上に〇〇の治療や投薬を受けた事があるか」などの質問です。○○には脳や肺などの内臓器官は勿論、目や精神疾患などもふくまれています。

    三大疾病などの、通常の団体信用生命保険以上の内容の生命保険に加入する場合には、別途健康診断の結果が必要になる場合があります。

    ・1-3注意すべきポイント

    団体信用生命保険で注意するポイントは3点あります。

    まず1点目は「ローンが返済される条件を良く見る事」です。ローンを組んだ方に不幸があった場合ではなく、「高度障害」になった場合は特に注意が必要です。高度障害の定義が明確に決まっているので、そちらを見た上で「もう少し保障内容を手厚くしたい」場合には三大疾病や七大疾病をご検討ください。

    2点目は「仮審査の時には健康状態を申告する義務はない」という点です。ローンの審査は「仮審査」をして承諾を得てから住宅の「売買契約」を結び、その後に金融機関に住宅ローンを「正式申込」をするという流れが一般的です。仮審査を通過していれば本申込で否認されることは、ほぼないですが、仮審査の時には健康状態を記載しない場合があるので注意が必要です。つまり、仮審査を承諾され、住宅の売買契約をした後、ローンの本申込で団体信用生命保険に加入できない事が分かり、住宅ローン審査が否認されて、結局住宅の売買契約が解除になる場合があるという事です。通常は仮審査の時に、住宅を販売している不動産会社の担当者が健康状態についてヒアリングをするケースが多いですが、ご自身でも認識しておきましょう。

    3点目は「正直に申告する」という事です。当たり前の事ですが、「現在の健康状態と過去の病歴」は自己申告になるので、正直に申告してください。虚偽の申告をし、万が一が合った時にその虚偽が金融機関に発覚したとしたら、保険料が払われない可能性があります。ローンの審査を通したいという理由で虚偽の申告をするのは絶対に避けましょう。

    2.金融機関ごとの違い

    ・2-1民間金融機関とフラット35

    通常は民間の金融機関は団体信用生命保険に加入義務があります。しかし住宅支援機構が提供する「フラット35」は任意加入になっています。その理由はお金を貸す仕組みに違いがあるからです。民間の金融機関はもし住宅ローンが返済されなければ、そのまま金融機関側の損になってしまいます。フラット35はローンを組んだ債権を証券化して投資家に売買をしているので、乱暴な言い方ですが「ローンが返済されなくても自分達が損をするワケではない」というのが団体信用生命保険「任意」加入の理由と言われています。

    民間金融機関の団体信用生命保険の支払い方は先述した通りですが、フラット35の団体信用生命保険は一年毎に一括で支払うタイプのものです。費用は借入金額と年数によって異なってくるので、フラット35を組んでからは、年々団体信用生命保険料は減っていくという仕組みになっています。

    ・2-2注意点

    注意点は二点あります。

    一点目は「途中加入不可」という点です。フラット35の団体信用生命保険の途中解約は出来ますが、途中加入は不可です。当初は団体信用生命保険を組んでいて、途中で解約してからの再加入も不可になっていますので、もし迷われている方がいたら最初に加入しておくのが無難だと思います。

    もう一点は「受取人は金融機関である」という点です。通常の生命保険であれば受取人は妻や子などのご家族である場合が多いですが、団体信用生命保険の受取人は金融機関です。つまり、住宅ローンの返済に充てる以外には用途はないという事を認識しておきましょう。

    ・2-3フラット35団体信用生命保険のポイント

    ポイントとしては、フラット35の団体信用生命保険は年齢による保険料の増減がないという事です。30歳の方が加入しても、50歳の方が加入しても一律の金額になります。つまり、若ければ若いほど、民間の保険会社で同じようなプランを組んだ方が安い可能性があるので、フラット35の団体信用生命保険の魅力は薄れます。逆に、歳を重ねる程フラット35の団体信用生命保険の魅力は増すという事です。後述致しますが、そちらを加味した上で民間の生命保険に加入するか、フラット35の団体信用生命保険に加入するかをご判断ください。

    ・2-4団信加入前に現在加入している保険を見直すとよい

    民間金融機関でもフラット35でも団体信用生命保険に加入したら、今入っている保険を見直すと良いでしょう。団体信用生命保険に加入していれば、住宅ローンを組んでいる方に不幸があったら住宅ローンは完済されるので、現在のローンと合わせてみると手厚すぎるローンになっている可能性があります。

    保険の種類の中で、「逓減(ていげん)保険」という、団体信用生命保険と同じようなプランの保険もあるので、特にフラット35の団体信用生命保険に加入するか否かは、民間の逓減保険とどちらの保険料が安いかという基準で選んだ方が良いです。

    ・2-5繰り上げ返済で早めに完済した時

    団体信用生命保険について、皆さまから良く頂くご質問で「繰り上げ返済で早めに完済した時には保険料は戻ってくるのか?」という質問を受けます。

    例えば当初は借入期間を35年に設定していましたが、まとまったお金が出来たので5年目に500万円分の返済をしたとします(これを繰り上げ返済と言います)。その際に3年分借入期間が減り35年から32年の借入機関に変更したとします。その時に「3年分の保険料は戻ってくるのか?」というご質問を良く受けますが、回答は「民間金融機関は戻ってきません。フラット35は戻ってきます。」です。 そもそも民間の金融機関は、通常の団体信用生命保険であれば保険料負担はなく、三大疾病や七大疾病の場合にも金利に上乗せされているか、毎月保険料を支払っているかのパターンですので、払いすぎるという現象がありません。従って、民間金融機関では、支払総額が減る事はあっても、お金が戻ってくることはありません。

    フラット35の場合は、毎年住宅ローン残債によって保険料が決まりますので、繰り上げ返済によって元本が減ればその分団体信用生命保険の保険料も減ります。繰り上げ返済をして原本が減った翌年は「保険料が減り」、もし繰り上げ返済により完済した場合には未経過分の保障期間があれば、払いすぎた分は返還されます。

    3.まとめ

    いかがでしたでしょうか。意外と団体信用生命保険も奥が深いものです。住宅を選ぶ時には「立地」「間取り」「価格」など様々な要素を加味して選ぶと思います。住宅ローンの借入をする時にも、「金利」「借入期間」などを加味して選ぶと思いますが「団体信用生命保険」はあまり意識しないと思います。

    団体信用生命保険には、加入する条件もありますし、様々な種類があります。何の種類を選ぶかによって保障内容も変わってきますし、月々の支払額も変わってきます。住宅ローンは何十年も付き合っていくものなので、万が一の時を考え団体信用生命保険も良く考えて選ぶようにしましょう。また、各金融機関によってプランや審査基準、金額の増減などは異なってきますので、団体信用生命保険を組む際には詳細は必ず各金融機関に聞くようにして下さい。

    マンションの価格相場を調べる

    マンションの売却を相談する

    マンションの売却価格をより詳しく知りたい方、具体的に売却を検討されている方は、お気軽にご相談ください。

    売却相談

    カジュアルに査定額を知りたい方へ

    Icon

    依頼から報告までネットで完結。より精度の高い価格が確認できます。

    売却・査定の無料相談をする
    買取相談

    築古やお急ぎの場合はオススメ

    Icon

    買い手の付きにくい築古マンションに最適。提携の買取業者が一括査定。

    買取の無料相談をする

    マンション売買サポートメニュー