MENU

引っ越しで冷蔵庫を運ぶ際の注意点、電源の抜き方や霜取りについて

引っ越しをする際はたくさんの荷物を梱包して、運び出す用意をしなければなりません。

その中でも扱いに困る大型家具の1つが冷蔵庫です。

冷蔵庫自体は引越し直前まで使うものなので、どうやって準備をすればよいのか気になりますよね。

今回は冷蔵庫の水抜きや霜取り方法、引っ越しで運び出す際の注意点について詳しく解説します。

目次

冷蔵庫の電源はいつ抜けばいいの?

引っ越しの際、もっとも多くの人が疑問に思うのが、「いつ冷蔵庫の電源を抜けばいいのか?」という点です。

冷蔵庫は毎日使うものですし、当然引っ越しの前日も使いたくなるので、ついつい準備が遅くなりがちですが、遅くとも引っ越し前日までには電源を抜いておく必要があります。

引っ越し業者がきて荷物を搬出する直前に抜けばいいやと考える人もいるかもしれませんが、これは故障の原因になるのでやめましょう。

冷蔵庫のような大型家電は、電源を切ってからしばらくの間は動かさずに待つ必要があるからです。

説明書にも「○○時間前までに電源を抜く」と注意事項が記載されているかもしれないので、手元にある人は一度確認しておきましょう。

水抜きと霜取りをしっかりと

冷蔵庫を運び出す際には、ただ電源を抜けばよいだけではなく、水抜きと霜取りをしっかりやっておく必要があります。

この2つが不完全だと、運んでいる途中に冷蔵庫内で水漏れが発生し、故障の原因になるためです。

どちらも難しい手順ではないのでしっかりやっておきましょう。

大事なのは、「冷蔵庫の電源を抜いて最低でも半日以上放置しておくこと」です。

冬の場合はなかなか霜が溶けないので、24時間以上待った方がいいでしょう。

十分に時間をおいたら、冷蔵庫の裏側の底部分にある蒸発皿を確認し、溜まっている水を捨てます。

念のため、冷凍庫を開けてまだ霜が残っていないかどうか確認しましょう。

この2つをしっかりやるためにも、遅くても前日までに電源を抜いておく必要があります。

心配な人は2日前には電源を抜いておくとよいでしょう。

ナマモノはなるべく早めに消費しておく

引っ越し時の原則として、「ナマモノ」は新居へは運べないという注意点があります。

引っ越し先の新居が近ければ、移動時間は数時間程度ですから、それくらいなら冷蔵庫に入っていなくても大丈夫ではと思うかもしれませんが、これは不可です。

なぜなら引っ越し業者側に断られてしまうからです。

ナマモノは傷みやすく、食中毒の原因になる可能性もあるので、原則として引っ越し業者は運んでくれません。

ですので引っ越し日が近づいてきたら、冷蔵庫の中身を確認した上で、計画的に消費しておくことが大事です。

引っ越し前日と当日は、出前やコンビニ弁当などでまかなうことにして、冷蔵庫の中身は早めに食べきってしまいましょう。

常温でも腐らない調味料などは引っ越し先へ

塩や砂糖、醤油などの調味料のうち、常温で保存がきくものは新居へ持っていくことができます。

これらを運ぶ際は、運搬中に漏れないようにしっかりとフタを閉めて、個別にビニール袋などに入れておくとよいでしょう。

万が一漏れてしまった場合でも、ビニール袋に入っていれば被害は最小限に抑えられます。

ただ調味料類については、開けてからかなり時間が経っているケースもあるので、引っ越しを機に買い直すというのも有りだと思います。

冷蔵庫を運ぶ際の注意点

引っ越しで冷蔵庫を持っていく際は、ほとんどの人が引っ越し業者に運搬を頼むと思いますが、その際に注意しておきたい点がいくつかあります。

自力で運ぶ際も同様なので、一度チェックしておきましょう。

事前に新居の壁に傷がないか確認しよう

冷蔵庫のような大型家具を運び入れる際は、事前に壁や床に傷がないかを必ずチェックしておきましょう。

特に新居側に傷ができてしまったらショックだと思うので、玄関周りや階段周辺など、運搬中にぶつけやすいところは入念にチェックしておくことをおすすめします。

今はスマートフォンで簡単に動画が撮れる時代なので、引っ越し当日までに一度部屋全体を動画で撮影しておくのがベストです。

万が一、引っ越し業者側の不手際で壁や床に傷ができてしまった場合は、動画を証拠として使うことができます。

冷蔵庫を横倒しにして運ぶのはNG

冷蔵庫は自重もかなりあり、デリケートな大型家電です。

横にして運ぶとそれだけで内部にダメージがいってしまうので、必ず建てにしたまま運び出しましょう。

引っ越し業者に依頼する際はちゃんとやってくれると思いますが、自力で運び出す場合はこのことを知らず、横に倒して運び出してしまう人も多いです。

故障の原因になりますから注意が必要です。

しばらく時間がたってから電源を入れる

無事新居に冷蔵庫を設置し終わった後も、油断してはいけません。

先ほど書いたように、大型家電はデリケートなので、動かした後にすぐ電源を入れると故障してしまう可能性があるからです。

冷蔵庫の内部にはオイルなど液体を使っている部分もあり、動かした直後はこれらが正しい状態になっていない可能性があります。

そこにすぐ電源を入れて負荷をかけると故障してしまう可能性があるので、最低でも1~2時間は待ってから電源を入れましょう。

冷蔵庫のお掃除の仕方

引っ越し時には冷蔵庫の中身を空にするので、お掃除をするチャンスでもあります。

普段はなかなか全体を掃除する機会がないと思うので、ぜひ引っ越しのタイミングで冷蔵庫を清潔にしましょう。

基本的には台所用の中性洗剤を使って掃除すればOKです。

洗剤をぬるま湯で薄めて、柔らかい布に含ませてから汚れを拭き取りましょう。

水分が残ってしまうと雑菌が繁殖する可能性があるので、汚れを拭き取ったあとは乾いた布で拭き取ります。

使ってはいけない洗剤について

油や食品の汁など、こびりついた頑固な汚れが落ちずに困るケースもあります。

その際につい強めの洗剤を使いたくなりますが、以下の洗剤は使うと変色の恐れがあります。

  • アルカリ性の台所用洗剤
  • ガラス用洗剤
  • 塩素系漂白剤
  • 重曹
  • ベンジン、シンナー、アルコール
  • みがき粉、クレンザー、研磨剤

また布ではなく、たわし類や研磨スポンジなどを使うのもNGです。

冷蔵庫に傷をつけてしまうおそれがあります。

部位によっては上記が使えるケースもありますが、これは冷蔵庫の機種によって異なるので、不安な人は説明書を確認してください。

買い替えで冷蔵庫を処分したい場合は?

引っ越しを機に古くなった冷蔵庫を買い替えようと考える人もいると思います。

これは費用面的にも賢い選択で、特に遠距離へ引っ越す人ほど検討したい選択肢です。

なぜなら冷蔵庫を運ぶ費用というのはかなり高額で、冷蔵庫があるかないかで引っ越し費用が10,000円程度変わってくるからです。

ベッド、洗濯機、冷蔵庫の3つは引っ越し料金に大きく影響するので、引っ越しのタイミングで古い物を処分して、新居で買い直すというのは有りだと思います。

ただし冷蔵庫を捨てるにはお金がかかるので、処分方法をどうするのか考える必要があります。

粗大ごみとして捨てる手順

冷蔵庫、エアコン、テレビ、洗濯機の4つは、家電リサイクル法の対象になっているため、通常の粗大ごみとしては捨てることができません。

リサイクル料金と収集運搬料金を負担する必要があり、いくらかかるは自治体によって異なります。

例えば東京23区の場合、170リットル以下の冷蔵庫で6,897円、170リットル以上の冷蔵庫だと7,887円の料金がかかります。

これをそのまま払うとかなりの費用がかかってしまうので、リサイクルショップなどを使って上手に手放しましょう。

参考:東京23区の粗大ごみ受付センター

リサイクルショップなどに売る

冷蔵庫の状態がそれなりに良いなら、リサイクルショップへ売ってしまうのが一番楽です。

あまりに古い型だと買い取りを断られてしまうかもしれませんが、値がつかない場合でも無料で引き取ってくれる可能性はあります。

それでもリサイクル料金を払うよりは得なので、お近くのリサイクルショップに一度査定を依頼しましょう。

この時、引っ越し日が目前に迫っていると交渉の余地もないので、なるべくなら日程に余裕がある段階で査定してもらうようにしましょう。

ジモティ、メルカリなどを利用する

ちょっとでも高く売りたい人や、あるいはリサイクルショップで値がつかない冷蔵庫をタダで処分したい人は、ジモティやメルカリなどを利用してみるのも手です。

売値は自分で設定できるので、状態が良い機種なら少し高めに、とにかくタダで処分したいなら売値を0円として出品します。

相手との交渉など多少の手間は発生しますが、上手く話がまとまれば費用をかけずに冷蔵庫を処分することができます。

ただし相手がすぐ引き取りに来てくれるとは限らないので、やはり日にちに余裕を持って出品しておきましょう。

冷蔵庫の引っ越しに関するよくある質問

引っ越しで冷蔵庫を運ぶ際に、よくある質問をまとめました。

冷蔵庫を買い替えるのと運ぶの、料金的にはどちらがお得?

料金的にどちらがお得かは、運ぶ距離や処分方法などによって異なります。

新居が近いなら、引っ越し料金はさほど高くならないので、そのまま使う方がお得かもしれません。

一方で引っ越し先が遠く、かつリサイクル料金を払わずに処分できるなら、思い切って買い替えてしまった方がお得でしょう。

冷蔵庫の引っ越し代で1万円から1万5千円程度かかってしまうので、この分を新しい冷蔵庫の購入代金に充てた方が、心情的にもお得感があると思います。

引っ越し中に壊れた場合はどうなるの?

正規の引っ越し業者に依頼している場合は、保険が適用されるので買い直すことができます。

ただし、これは引っ越しの運搬中に業者側の不手際で落下させ、壊してしまった場合などが対象です。

外観に明かな破損がある場合が対象なので、「見た目は特に問題ないけど新居へ持っていったら電源が入らなくなっていた」などといったケースでは対応が難しくなります。

上記の場合、なぜ壊れたのか証明することが難しいため、引っ越し業者側の保険を使うことが出来ないかもしれません。

滅多にないケースですが、万が一おきてしまった場合は業者側に問い合わせて対応を検討しましょう。

冷蔵庫の重さは何キロくらい?自力で持てる?

冷蔵庫は機種によって大きくサイズや重さが異なります。

一般的な一人暮らし用の冷蔵庫だと、おおむね30kgから40kgくらいが目安です。

この重量なら、大人が2人いればどうにか持ち上げて運べる重さです。(※中身が空の場合の重量です)

4人家族用の大きな冷蔵庫になると、重さが100kg程度になるため、素人が運ぶにはかなりリスクが高くなります。

運搬中にうっかり落として床を傷つけてしまったり、運んでいる人が腰を痛めてしまったりしたら引っ越し作業に影響が出るので、基本的には業者に頼むのが無難だと思います。

まとめ

引っ越しで冷蔵庫を運ぶ際のポイントや注意点をまとめました。

今回説明したように、冷蔵庫の電源は遅くとも引っ越しの前日か、前々日までには抜いておく必要があります。

食材などの消費を考えると、一週間前くらいから計画的に冷蔵庫を空にしていく必要があるでしょう。

また冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品なので、新居で買い替える場合はこちらも計画的に引取先を探しておく必要があります。

直前になってから探すと、処分にも高い費用がかかってしまうかもしれないので、十分に注意しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次