狭くても、自分らしくおしゃれに楽しむ!6畳ワンルームのインテリア

一人暮らしの出発点は6畳ワンルームという方も多いはず。でも実際に住んでみると実家の部屋よりも狭かった、好きな家具が置けないなど、限られたスペースの中では好みのインテリアにするのは難しいとあきらめがちな方はいませんか?
6畳しかなくたって、センスとアイデア次第であなただけのオリジナリティあふれる部屋に生まれ変わることができるはず!
ここではワンルームのスペースを有効に使い、おしゃれに暮らしている方たちを参考に、インテリア術、そしてテクニックをご紹介します。

6畳ワンルームのレイアウト

6畳ワンルームに住んでいる方は、どのレイアウトが部屋を広く見せるのか、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。6畳ワンルームと言っても、それぞれの部屋のサイズ、窓やドアの位置や大きさ、キッチンや備え付けの家具の場所などによって、過ごしやすいレイアウトは異なります。
しかし何といっても一人暮らしの良い点は、自分の好きに模様替えが出来るところ。今のレイアウトに納得がいかない方は、今回の記事を参考に新たな家具の配置にチャレンジしてみませんか? きっと今までとは違う、新鮮な気分になれるはず!

部屋のサイズをきちんと知ろう

お部屋のレイアウトやインテリアを考える前に、大切なことは部屋のサイズを分かっておくことです。でも6畳とはいったいどれぐらいの大きさなのでしょうか?
タタミ1畳の大きさは1.62㎡なので、計算すると6畳分で9.72㎡。平均の6畳ワンルームのサイズは270cm X 360cmと言われています。
もちろん、あくまでこれは平均のサイズで、地域や建物によって大きさは変わってきますので、家具を選ぶ前には必ず実際のお部屋のチェックが必要です。

ベッドの置き場所を考えよう

ワンルームで一番重要な家具とも言えるのが、その大きさから言ってベッドになります。6畳ワンルームのレイアウトの中で、ベッドをどこに置くかは最大のポイントとも言えるでしょう。
広くて寝心地のいいセミダブルベッドが欲しい方もいるかと思いますが、セミダブルの基本的な大きさは1220mm X 1950mm、6畳ワンルームに置くとかなり狭い印象になるので、部屋を少しでも広く使うためにもシングルベッドが一番。大きさは970mm X 1950mmが平均サイズになります。
シングルベッドは平均サイズの6畳ワンルームであれば、窓側にも壁側にもベッドを置くことができます。窓側に置くと手前のスペースを広く有効に使え、壁際にベッドを置いた場合は中央の縦のスペースが空くかたちになります。
他の家具との兼ね合いやドアや作り付けクローゼットの位置、窓の大きさや日差しの入り方、周囲の環境などを充分に考慮してベッドの置き場所を決めてくださいね。

ベッドを窓側に置いたレイアウト

平均サイズの6畳ワンルームの場合でベッドを窓側に置くと、部屋全体からベッドの横幅を引いた、正方形に近い空間ができあがります。
ベッド手前のスペースを端から端まで使えることになるので、両側の壁を有効に使え、収納家具を片側に置いて、コンパクトなサイズであれば、ソファやセンターテーブルを置くこともできますね。床に座ってゆっくりくつろぎたい方におすすめのレイアウトです。
このレイアウトに似合う部屋は、クローゼットが作り付けで部屋にあること。ロータイプの家具がメインの場合、背の高いクローゼットを新たに置くと、家具に高低差が出てしまうので、どこか違和感のあるコーディネートになってしまいます。
新たにローゼットを置く場合にこのレイアウトをする方は、クローゼットを出来るだけベッドやソファなど座る場所から遠い場所に置くことがポイントです。

清潔感あふれる白を基調にしたコーディネート

ベッドを窓側に置いたことで、部屋に入った第一印象は手前が広く感じられるコーディネートがこちらです。窓から入る日差しを浴びて、部屋が明るく見えるレイアウト。
窓から入る自然光を柔らかく反射し、清潔感あふれるホワイトをメインカラーにしたことで、6畳ワンルームというサイズでも部屋が広く感じられますね。
ベッド以外には小さ目のコンパクトな家具を使っているのも見逃せないポイント。外に出ているものが少ないところもスッキリとして見せています。

ベッドを壁際に置いたレイアウト

ベッドを壁際に置いたレイアウトは、縦の導線を生かしたものになり、部屋を長く、奥行きを感じさせる効果あり。ベッドの反対側の壁が丸々使えるので、より多くの家具を置くことができます。
こちらは「床に座る」生活よりも、デスクを用い、「椅子に座る」生活を好む方に向いているレイアウト。家の中でのデスクワークが長い方や、趣味などで机に向かう暮らしをしている方におすすめです。

落ち着いて過ごせそう! モノトーンのコーディネート

こちらはベッドを壁際に寄せ、縦のラインを効果的に見せているコーディネートです。家具を低めに設定したことで、部屋全体にエアリーな雰囲気が漂い、開放感あふれる部屋に。6畳ワンルームというサイズの部屋も、心地よく過ごせそうな印象を与えています。
落ち着いた大人のイメージをもたらしてくれるモノトーンでまとめたことも、広く見える一因になっています。レイアウトとともにカラーリングはインテリアのセンスアップに欠かせないポイントであると分からせてくれるコーディネートですね。

ベッドを手前に置くレイアウト

太陽の日差しが差す部屋は明るくて気持ちがいいけれど、朝はまぶしくて寝ていられないこともあります。あるいは1階に住んでいる方や隣の住居がすぐ傍にある場合、窓側にベッドを置くのは怖いと感じる方もいるかもしれません。
そんな時はベッドを窓から離したレイアウトにトライしてみて下さい。ベッドの近くに窓がないと不自然に感じるかもしれませんが、ホテルの部屋を思い浮かべても分かるように、これは室内で落ち着いて過ごせるレイアウト。
デスクやソファなど、自然光が当たる場所に置くとリラックス度もきっと変わってくるはず。ベッドを窓から離すと暗いと感じる方は、間接照明を上手く取り入れるとおしゃれ度がアップします。
イルミネーションライトなどでデコレーションするのも楽しそう!

ホテルのようにコージーな空間へ

こちらはベッドを窓から離し、奥に置いたコーディネートです。ホテルのように騒音も届かず快適で、ぐっすりと安らかな睡眠が得られそう。ベッドの足元に家具が間仕切り替わりとなり、メリハリの効いた部屋になっています。
間仕切りはプライベートな場所であるベッドを隠す効果と、シーンの使い分けに役立つアイテムなので、寝る場所、くつろぐ場所がすべて一部屋に納めなくてはならないワンルームでは是非取り入れたいアイデア。
壁紙をベッドサイドだけ変えたことも、素敵なアクセントになっています。

1 2 3

- 2016年09月02日