女性のマンション購入も増えています!ライフスタイルに合わせた物件選びが大切です

小牟田 惠世(こむた やすよ)

小牟田 惠世(こむた やすよ)購入エージェント

−これまでの経歴を教えてください。

学校を卒業後、バスガイドに就職しました。もともと住宅に興味があったことから、30歳で初めて不動産会社に営業担当として入社しました。その後一旦は美容関係の会社に転職しましたが、将来的に働くなら不動産業界が良いと思い、地元の埼玉で不動産営業として再び働きはじめました。その後、東京で挑戦してみたいという思いからマンションマーケットに入社いたしました。

−現在の業務内容を教えてください。

購入専任エージェントとして、お客様の不動産購入のサポートをしています。
マンション購入サービスについて

−これまでで印象に残っているお客様はいますか?

一番印象に残っているのは、初契約のお客様です。女性のお客様で内装やインテリアにもこだわっていらしたので、スケジュールに合わせたリフォーム業者の手配やローン手続きなど、お客様と連携しながら契約へ進めることができました。さらにその後、購入をご検討中のお友達をご紹介くださったことも非常に嬉しかったですね。
たくさんのお客様からお声をいただいてます

−エージェントとして、ご自身の強みは何だと思いますか?

お客様とすぐに打ち解けられる点と、連絡・返信が早い点はお客様からもご評価いただけますね。もちろんスピードだけでなく、ご質問に対し根拠をもって細かな回答を差し上げるようにしているので、業者とお客様の一般的なやり取りの回数よりも少し多いかもしれません。私自身もそうですが、不安があるとなかなか前に進めないので、まずはお客様の不安を解消することが第一。お客様に安心して任せていただけるように、できる限り早い返信をすることは日頃から気をつけている点ですね。

あと、得意な分野は投資物件の仲介です。弊社の営業担当の中でも投資用物件の仲介経験が多いこともあり、「投資といえばコムちゃん(あだ名)」と言われています。ローンや利回り、物件選びまで、フルサポートしますのでご検討中の方はご相談いただければと思います。特に、ローンは最大の難関です。物件が新耐震か旧耐震か、借入年数や金利、自己資金などによっても大きく変わりますので、組み合わせを工夫してお客様のご要望に沿った最適なローンを実現しますのでお任せください!
マンション購入の相談をする

−女性のマンション購入が増えていると聞きますが、どう感じられますか?

実際、増えていると感じます。働く女性が増えた社会的背景から、女性の所得が増えていると思いますし、仕事で役職に就かれている方など、経済的に自立した女性が増えたことが大きな要因だと思います。以前埼玉の不動産会社で働いていた時はファミリー層のお客様が多かったのですが、ビジネスの中心である東京だからこそなのか、単身で不動産を購入される女性が他のエリアに比べると多い印象ですね。

不動産を購入する単身女性の中では30代の方が多く、今後のライフスタイルの変化も踏まえて、将来的に賃貸や売りに出せると思える物件を購入する方が大半です。最近では居住用はもちろん、投資用としてマンションを購入される女性も非常に多くなりました。昔は女性の投資用物件の購入は聞いたことがありませんでしたが、早い方ですと20代から、将来に備えて自分の資産として不動産購入を考える人が増えているなと感じます。

−最後に、読者の皆様に一言!

先ほど女性の不動産購入で少しお話しましたが、投資用物件の購入を検討されている方は男女問わず増えており、「資産を銀行に預けても勿体ない、資産として保有しておきたい」というお声を頂くようになりました。特に女性のお客様は不動産購入が初めてという方がほとんどですので、購入の手筈やご準備いただく書類など、前もって情報共有をさせていただき、安心感のあるサポートを心がけています。不動産取引は複雑な部分も多いので、例えば契約に必要な書類はどこで、どんな風に取得するのかなど、一歩踏み込んだ購入のお手伝いをさせていただきますので、初めての方もぜひ一度ご相談くださいませ。

中古マンションを探す

他のエージェントインタビューも公開中

高橋 智和(たかはし ともかず)購入エージェント
爪川 益雄(つめかわ ますお)購入エージェント
上埜 雄司(うえの ゆうじ)売却エージェント
室橋 和貴(むろはし かずき)売却エージェント
森川 颯(もりかわ はやて)売却エージェント

- 2018年07月12日