購入エージェントは中立な立場でお話できるからこそ新しい選択肢も提案可能です

谷口 正悟(たにぐち しょうご)

谷口 正悟(たにぐち しょうご)購入エージェント

−これまでの経歴を教えてください。

新卒で大京に入社し、新築マンションの企画販売に従事していました。大学は工学部出身なので、将来は施工管理や建築企画などの業務に携わりたいと思っていましが、前職の営業担当の先輩方の仕事ぶりに感化され営業も良いなと感じるようになりましたね。前職では新築専門でしたが、中古マンションの購入を経験したこともあり中古の領域も経験したいと思いマンションマーケットに入社しました。また、小さい組織でバリバリ働く同級生が魅力的に見えたことや、面接での印象も入社を決めた理由ですね。

−現在の業務内容を教えてください。

購入専任エージェントとして、お問い合わせを頂いたお客様に対しマンション購入における一連のサポートをしています。不動産購入が初めてのお客様にとっては不安が多い取引だと思いますので、安心感と納得感を持ってお取引できるよう、購入に関わるコンサルティング業務を行っています。
マンション購入サービスの紹介

−これまでで印象に残っているお客様はいますか?

印象的なのは、問い合わせ時は600~800万円のオーナーチェンジ物件を希望されていたものの、最終的に約3000万円のリノベーション物件を購入されたお客様です。こちらのお客様は、退職後の固定収入やお子様の学費のために不動産投資にご興味を持たれており、ワンルームの投資用物件でお問い合わせを頂きました。しかしお客様のご状況を整理すると、投資用ではなくセカンドハウスとしてのマンション購入が最適ではないかと思ったのです。

というのも横須賀在住のお客様でしたが、お子様が横須賀から横浜の塾に通われていることや、お客様自身が都内勤務のため横須賀よりも横浜の方がアクセスが良いということなどから、お客様自身にも利用価値があると考えられる横浜のマンションをご提案させていただきました。またローンにおいても、投資ローンに比べセカンドハウスローンの金利は低く、お客様にとって決して悪い条件ではなかったので、将来的な売却や賃貸に出した際のシュミレーションも合わせて行いご検討いただきました。最終的に私が提案させていただいた内容にご賛同いただき、当初の物件とは大きく異なりますが納得してご購入いただくことができました。

お客様が問い合わせた物件だけが必ずしもお客様にとって最良な物件とは限りません。私達仲介の仕事は、お客様のニーズを的確に捉えて整理し、お客様自身に新たな選択肢を見出していただけるようアドバイスすることも重要な仕事です。その点、今回のケースは仲介として最適なアドバイスができたこと、提案に耳を傾けていただけるようなお客様との信頼関係を築けたことがとても印象に残るお取引でしたね。
たくさんのお客様からお声をいただいてます

−エージェントとして、ご自身の強みは何だと思いますか?

前職で新築マンションの企画から建築・分譲まで関わっていたので、そもそもマンションがどんな風に建って、どんな構造をしているかを把握している点で、建物自体のスペックや管理修繕、管理の仕方などの知識には明るいと思います。また新築販売時のお客様は初めて不動産を購入される方がほとんどなので、初めての不動産購入で感じる不安や悩みについて数多くのお話を伺ってきました。その経験や、私自身が中古マンションの購入経験者であることも、買主の視点で購入サポートができるという点で強みと言えるかもしれません。

−新築と中古で購入を悩んでいる方へアドバイスはありますか?

結論から申し上げますと、新築中古に関わらず気に入った物件を購入することが一番です。ただ、中古か新築かで迷われている場合、迷われている理由があるはずです。例えば「新築に住みたいけど予算的に難しい」「立地は中古がいい」など様々な理由があるかと思いますが、あらゆるポイントを天秤にかけてお客様自身にとって何が最も重要なポイントかを明確にする作業が必須です。その際、私達仲介会社のような第三者を交えてお話をされるとより整理ができると思いますので、ご活用いただけると良いかもしれません。もしかすると不動産業者によって言うことが違うかもしれませんが、注意してほしいのは新築マンションを販売している業者は売主なので、必ず新築マンションを勧めるということです。仲介会社であれば中古・新築に関係なく売れれば利益に繋がりますが、売主業者は自社の物件を購入してもらわなければ利益にはなりません。そういう意味では、新築か中古かで悩まれた場合は、中立的な立場でお客様にアドバイスができる“購入エージェント”に相談されると良いと思います。

−最後に、読者の皆様に一言!

マンションマーケットでは購入と売却のエージェントを分けていますが、「購入専任エージェント」はマンションを買いたい人が問い合わせる先としては非常に良いと思っています。多くの不動産会社では1人の営業が売却と購入の仲介を兼任しており、お客様のニーズに関わらず自社の物件を勧めることが最優先になってしまう営業担当も少なからずいます。マンションマーケットの専任制は、購入エージェントが100%お客様のニーズに沿って提案ができる環境であり、特に購入を検討しているお客様にとって大きなメリットとなるはずですので、マンション購入を考えていらっしゃる方はぜひ一度ご相談いただければと思います。

他のエージェントインタビューも公開中

高橋 智和(たかはし ともかず)購入エージェント
爪川 益雄(つめかわ ますお)購入エージェント
小牟田 惠世(こむた やすよ)購入エージェント
上埜 雄司(うえの ゆうじ)売却エージェント
室橋 和貴(むろはし かずき)売却エージェント
森川 颯(もりかわ はやて)売却エージェント

- 2018年08月07日