今日から素敵にイメージチェンジ!狭いバルコニーをおしゃれに飾るインテリア術

インテリアにこだわる方でも、エクステリアはおざなりになっている方はいませんか? 「だって我が家は庭があるわけじゃないし、住んでいるマンションのバルコニーは狭いし…」と思っている方。
マンション暮らしの狭いバルコニーだって、センスとアイデア次第できっと大変身してくれるはず。ここでは自分流に素敵にアレンジしている皆さんのバルコニー・コーディネートをご紹介します。

始めは床や柵のアレンジから挑戦!

バルコニーの気になる点は床や柵。冷たいコンクリートの床は味気なく、安全性を重視した柵は趣味に合わないと思っている方も多くいるはず。一番頭を悩ます点ではありますが、ここを変えるとガラリとイメージチェンジが可能です。
床材は天然木を使用したパネルウッドや、手入れが楽なタイル、自然を感じさせるフェイクグリーンなど様々。柵とのコンビネーションも考慮して、是非自分のテイストにぴったり合ったものを選びたいですね。

ウッドパネルですっきり、広々

スペースに限りがあるバルコニーをスッキリ見せてくれるコーデがこちら。床と家具に木材を使用したことで、全体に統一感が生まれています。スクエア型のパネルウッドを敷いた床に、敢えて置くものを排除すると広々と見える効果があるので、ちょっぴりグリーンを育てるのが苦手な方や狭いスペースに悩んでいた方におすすめの使い方。

シンプルをモットーにコーディネートして、バルコニーはくつろぐ場所と決めてレイアウトするのも一つの方法です。柔らかな木のぬくもりを感じさせるバルコニーは、お天気の良い日や夕暮れ時には自宅でカフェ気分を味わえそう!

木のぬくもりで、和モダン

リゾート地のホテルの一角にあるような、ノスタルジックな気分を満喫できそうなバルコニーがこちらです。床には壁のラインに沿ってナチュラルな木の板を敷き、家具の素材も合わせて木製を配置。

こだわりがうかがえるポイントは、テーブルとチェアの脚部をシックなアイアンテイストのフレームにしているところ。木材との相性も抜群で、大人カラーのブラックが引き締め効果もバッチリ。
床に敷いたゴザやラタンの座椅子、ランプに至るまで選び抜かれた雑貨がまとまりのある統一感を生み出しています。マンションのバルコニーはスペースに限りがあるため、趣味のテイストがバラバラだと雑多な印象を与えがち。
すっきり落ち着いた雰囲気を出したいときに参考にしたいコーディネート です。

木材とグリーンのベストマッチ

こちらの床板は明るいカラーが爽やかな雰囲気です。せっかく敷いた床板のイメージにあまり合わない、味気ないマンションのバルコニーの柵。大切なグリーンや雑貨を飾るのに、見た目に納得がいかない場合はDIYで板壁作りにチャレンジしてみませんか?

こちらのレイアウトはバルコニーを素敵に変身させたお手本にしたいコーデです。大切な植物たちも、限られたスペースのバルコニーだと日光をきちんと浴びられる場所に置けるのかで悩む方も多くいるはず。
こちらは板壁に空間を作り、ハンギング式で植物を自在にコーディネートできるところが大きなポイントです。これならお気に入りの雑貨も一緒に飾ることができますね。
板壁やトレリスなどを柵に付ける場合には、強風のときにも対応できるよう、しっかりと固定しておくことが重要です。

バルコニーに箱庭を

こちらは小さめのウッドパネルを床に敷いて、柵には手を入れず、元のままのかたちを生かして光を存分に取り入れたコーディネート。床材のパネルウッドに使った落ち着いたシックなカラーが、バルコニーのレンガタイプの壁の色と見事に調和しています。ポイントは全体をウッドパネルだけでなく、清潔感を感じさせる白い砂利を敷き詰めたことで、新たな表情を持つ小さな箱庭のような空間を作り上げているところ。

小さめのテーブルを置いたことで、バルコニーも広々として見えますね。椅子はアウトドアシーンで活躍するキャンプ用チェアを用いて、家にいながら解放感ある雰囲気づくりに役立っています。
グリーンとの相性のいい雑貨のカラーリングも是非参考にしたい点ですね。

大人のシャビーシック

こちらは暖かい風合いを持つホワイトを基調とした、バルコニーにぬくもりを感じさせるコーディネートです。白はグリーンを美しく見せてくれるカラー。かすれた色合いのシャビーシック感がたまらない雰囲気です。

床材は敢えて柵に垂直に配置し、メリハリの効いた印象に。柵に取り付けた板壁は長さを変えて抜け感を漂わせており、白いカラーと相まってバルコニーをエアリーな雰囲気に作り上げてます。
お天気の良い日には、素敵なカフェ気分を楽しめるテーブルとチェアも、小さめサイズを選んだことで狭苦しさを感じさせません。
白をメインカラーにした場合、植木鉢や飾る雑貨に目が行きやすくなります。ギッシリ詰め込むのではなく、引きを計算しつつ素敵にディスプレイしたいところです。

ライトを効果的に使う

バルコニーで過ごす時間を楽しめるのは日中だけではありません。辺りを美しく彩ってくれる夕暮れのひと時や、プライベートな時間を過ごしたい、街に夜が訪れたとき。
室内だけでなく、小さなバルコニーのスペースでも、おしゃれに飾り付ければ自宅でオープンバーの気分を楽しめます。そんなときに活躍してくれるのがライトの存在。
アイデア次第で、自宅での夜の過ごし方が変わって来そうです。

自宅でバー気分

自宅にいながらホテルの最上階のラウンジでくつろいでいるかのような雰囲気が素敵なコーディネートがこちらです。落ち着いたラタンの家具と、様々な観葉植物がしっくりマッチ、南国のおしゃれなバーのような印象です。

ライトを効果的に使い、外に繋がる場所であるバルコニーの良さを最大限に生かしたお見事なレイアウト。灯りの絶妙な配置は是非真似してみたいテクニックですね。
イルミネーションライトやソーラーライトなどは、いまさまざまなバリエーションが展開されており、エクステリアを幻想的な雰囲気で演出してくれる強い味方。
バルコニーに置く場合はケーブルや防水加工の点を重視して、デザイン性はもちろん安全性も重視して選びましょう。

1 2 3 4

- 2016年08月23日