上昇率から見る中央区のタワーマンションの相場とは?

現在、日本全体のマンション価格は上がっていますが、もちろん全物件が上昇しているわけではありません。特に、タワーマンションがたくさん建築されている東京都中央区では、上昇しているマンションもあれば下落しているマンションもあります。

そこで、今回マンションサプリでは、中央区内のマンション価格(㎡単価)が、2017年1月~2018年1月の1年間でどのくらい変動したかを調べました。それを基に、中央区のタワーマンション相場を見ていきましょう。

調査概要
・対象マンションは、相場情報サイト「マンションマーケット」に掲載されている分譲マンション、かつ、階数20階以上のマンション
・地上20階以上のマンションをタワーマンションとする
・2017年1月と2018年1月の月間平均平米単価を比較して上昇率を算出
・データは2018年2月14日時点

調査結果


中央区のタワーマンションでは、最も上昇しているマンションで16.89%、最も下落しているマンションで-10.97%です。

前提として、マンションは経年劣化していくものなので、築年数が経過するほど価格は下落します。そのため、普通に考えると2017年1月と2018年1月で築年数が1年経過しているので、マンション価格は下がることが普通であり、上昇する方が例外なのです。

また、確かに下落率が高いマンションもありますが、それは2017年の価格が高かっただけかもしれません。つまり、上記のランキングだけでなく、今後のマンション事情なども加味して相場は考えるべきということです。

中央区とはどのようなエリア?

そもそも中央区とはどのようなエリアなのでしょうか?
中央区には以下のような駅があり、このラインナップを見てもらえるとエリアの印象は分かりやすいと思います。

銀座駅
京橋駅
日本橋駅
築地駅
勝どき駅
月島駅

銀座・京橋・日本橋など、全国的に見ても知名度が高いエリアや、築地という日本最大の鮮魚市場もあります。また、湾岸エリアの代表格である勝どき、下町風情が残る月島というように、ローカルな部分も兼ね備えたエリアです。

特に、銀座や日本橋などは人が住むイメージがないかもしれませんが、東銀座は比較的静かなエリアですし、日本橋付近の人形町などは住宅も多いです。そして、何より交通面などの利便性が非常に高いエリアなので、特にビジネスマンには人気のエリアになります。

また、勝どきや月島までいくと喧騒から離れますので、マンションもたくさんある居住区と言えるでしょう。このエリアは大型商業施設「ららぽーと」がある豊洲が近いこともあり、ファミリーの方も多く住んでいるエリアになります。

また、中央区は、港区千代田区とともに「都心3区」と言われており、東京23区の中でも特にステータスが高く、また不動産価格も高いエリアです。

1 2 3

- 2018年05月04日