【解説】2016年7月の住宅ローン金利と変動金利について

こんにちは。今月より住宅ローンをテーマに金利のことや住宅ローン控除のことなどをお伝えしていくことになりました。よろしくお願いします。もう7月の下旬になりかけておりますが、まずは7月の短観からいってみたいと思います。

住宅ローン金利 2016年7月 短観

まずは長期固定金利の住宅ローン商品フラット35の金利です。

フラット35(9割融資の場合)
7月 借入期間15年~20年 0.85%~1.5%(前月比▲0.14%)
7月 借入期間21年~35年 0.93%~1.58%(前月比▲0.17%)

7月は6月と比べると0.14%~0.17%金利が下がり固定金利としては初めて1%を切るという史上最低の金利となっております。フラット35の金利は国が発行する長期国債の金利と連動しているので、長期固定金利の予測をするには財務省が発表する長期国債の金利推移が参考になります。

フラット35と国債の金利推移

フラット35と国債の金利推移

2016年7月1日発表の日銀短観を見ると6-9月の企業の業況判断ポイントを見るとマイナス予測になっていることを考えると個人的の見方としては2016年8月以降も金利は下げ基調もしくは横ばいで推移するのではないかと思ってます。

各主要銀行の2016年7月の住宅ローン金利(変動金利)は?

各主要銀行の2016年7月の住宅ローン金利(変動金利)は以下のようになっております金利に関しては2016年7月時点で各銀行が発表しているものを参照しております。銀行の貸し出し条件等によっては表示の金利を適用できない場合がありますのでご注意下さい。

 

【都市銀行】
三井住友銀行 基準金利2.475%
変動金利:0.625%~0.875%(金利優遇:▲1.6%~▲1.85%)

三菱東京UFJ銀行 基準金利2.475%
変動金利:0.625%~0.875%(金利優遇:▲1.6%~▲1.85%)

りそな銀行 基準金利2.475%
変動金利:0.625%(金利優遇:▲1.85%)

みずほ銀行 基準金利2.475%
変動金利:0.625%~1.075%(金利優遇:▲1.4%~1.85%)

 

 

【地方銀行】
横浜銀行 基準金利2.475%
変動金利:0.6%~0.8%(金利優遇:▲1.675%~▲1.875%)

千葉銀行 基準金利2.475%
変動金利:0.775%~1.175%(金利優遇:▲1.3%~▲1.7%)

武蔵野銀行 基準金利2.725%
変動金利:0.775%(金利優遇:▲1.95%)

東京都民銀行 基準金利2.475%
変動金利:0.875%(金利優遇:▲1.6%)

【ネット銀行】
イオン銀行 店頭金利:2.37%
変動金利:0.57%~0.77%(金利優遇:▲1.6%~▲1.8%)

住信SBIネット銀行 店頭金利:2.775%
変動金利:0.497%~0.568%(金利優遇:▲2.207%~▲2.278%)

 

適用される変動金利だけを見ると、店舗を持たないネット銀行系が低い金利を提示して顧客獲得件数を増やしています。ネット銀行系の住宅ローンのメリットはやはり金利が低いことが挙げられます。一方デメリットとしては書類のやり取りが郵送になるので本審査から融資承認が下りるまでに時間がかかる(約1カ月)ことです。ネット銀行を利用する時のポイントは購入したい物件がある程度絞り込まれた時に先に事前審査を行っておくことをおすすめします。

都市銀行と地方銀行では金利に関しては正直あまり差はありません。金利であまり差を出せないので、各銀行ともに住宅ローンに付ける特約で差別化を図っています。住宅ローンの借入をすると、団体信用生命保険の加入が必須でついてきます。住宅ローンの借主に万が一の時に住宅ローンがチャラになる保険です。

団体信用生命保険は銀行がかける保険になっていて、住宅ローンの金利にこの保険の金利も含まれているのですね。
最近の大手銀行の動きはこの団体信用生命保険の内容で差別化を図っているところが多いです。8大疾病付とか、高度障害対応とか。そういった特約を付けることで金利が0.〇〇%上乗せされるという形をとっています。

1 2

- 2016年07月29日