【マンションマニア】新築マンションと中古マンションを比較している方が決断しやすくなるコツ

どうも!

マンションマニアです!

今回は新築マンションと中古マンションを比較している方が決めやすくなるアドバイスをしていきたいと思います。実際にマンションマニアにご相談いただいた方にお伝えしている内容となります。

説明を少しでもわかりやすくするために架空の設定にて見ていきましょう。

■ Aさん 35歳

A駅最寄りにてマンションの購入を検討中。

供給されている新築マンション1件とその新築マンションのすぐ近くにある築浅中古マンション2件を比較検討していますがどれを購入するか決めきれずに迷える子羊になっています。

■検討しているマンション

・新築マンションX A駅徒歩10分 70㎡ 5000万円

・築5年の中古マンションY A駅徒歩7分 70㎡4700万円

・築10年の中古マンションZ A駅徒歩10分 70㎡4300万円

マンションマニアからのアドバイスその①

「築年数を考慮して毎月の支払を計算してみましょう!」

新築と中古を同じ借り入れ年数で計算しては中古の方が毎月の支払がお安くなることが多く、それでは比較とは言い難いですね。築年数分を考慮してシミュレーションしてみましょう。

・新築マンションX A駅徒歩10分 70㎡ 5000万円
35年ローン 金利1% 月々約141000円

・築5年の中古マンションY A駅徒歩7分 70㎡4700万円
30年ローン 金利1% 月々約151000円

・築10年の中古マンションZ A駅徒歩10分 70㎡4300万円
25年ローン 金利1% 月々約162000円

築35年の時点で支払い終えるよう計算すると比較しやすいですね!

今の低金利であれば長く借りたほうが良いと思いますからあくまで比較としてですが同じ借り入れ年数のローンとは別に築年数分を考慮して比較してみると新たな発見があるのではないでしょうか。

先に述べたように今の低金利であれば長く借りても利息に大きな差はないものの、築10年のZを25年ローンで組んで60歳で支払いを終わらすという手もありますね。築10年であれば室内設備などもそこまで古くは感じにくいでしょう。新築のXを35年ローンで組んで月2万円ちょっと貯めて4年に一度100万円の繰り上げ返済をしていくのも計画的で良いですね。

4年に一度100万円繰り上げ返済することを「オリンピック式繰り上げ返済」と勝手に名づけています(笑)

4年に一度100万円繰り上げ返済すると30代半ばの方が35年ローンを組んだとしても住宅ローン完済が定年時に近づくためおすすめの繰り上げ返済方法です。(100万円で短縮できる期間は借入金額により異なります)

上記に管理費、修繕積立金を足すとより正確な数字が出てきます。中古マンションの場合は新築に比べて修繕積立金が高くなっていたり、住宅ローン減税などなど税制優遇も違いますからその辺りも考慮しつつ資金面ではどのマンションが良いかをまずは選んでいただければと思います。

1 2

- 2018年01月10日