なぜ人気?港区のタワーマンションの価格上昇率が高い!

東京オリンピックも2年後にせまり、競技場建設なども着々と進んできています。そんな中、首都圏の新築マンション価格は高価格を推移しており、それにつられて中古マンションも高価格になっています。

また、タワーマンション価格も高い水準であり、その中でも港区のタワーマンション価格の2017年上昇率は非常に高かったです。その最も大きな理由は、港区周辺で進められている再開発によるものでしょう。

今回マンションサプリでは、港区内のタワーマンション価格(㎡単価)が、2017年1月~2018年1年間でどのくらい変動したのか、価格上昇率の高いタワーマンショントップ10を調査しました。それを基に、港区のタワーマンション相場を見ていきましょう。

※調査概要
・対象マンションは、相場情報サイト「マンションマーケット」に掲載されている分譲マンション、且つ階数20階以上のマンション
・地上20階以上のマンションをタワーマンションとする
・2017年1月と2018年1月の月間の平均平米単価を比較して上昇率を算出
・データは2018年2月20日時点

港区タワーマンション価格上昇率ランキングTOP10

港区とはどのようなエリア?

まずは港区がどのような区であるか見ていきましょう。
港区は、千代田区・中央区と並び「都心3区」と言わる区であり、首都圏の中でも屈指の人気エリアです。その点は、港区にある以下のエリアを見れば自ずと分かります。

・六本木
・青山
・赤坂
・麻布
・白金
・表参道
・新橋
・汐留

港区は、六本木などの繁華街をはじめ、青山・白金など人気エリアもあり、さらに新橋・汐留などのオフィス街もあります。また、「港区ブランド」という言葉があるように、東京都の中でもステータスが高いのが港区になるのです。

さらに、港区はビルが多いエリアでもあるので、エリアとして容積率が高いです。容積率が高いということは高い建物が建築できるので、タワーマンションの数も多いということです。「港区のタワーマンション」といえば、日本で最もステータスがあるといっても過言ではありません。たとえば、六本木や新橋は「住む」というイメージがあまりないかもしれません。しかし、六本木一丁目の方や、西新橋、さらに神谷町の方まで抜けると意外と静かなエリアになっています。

また、六本木ヒルズのような大型複合施設にはレジデンシャルも併設されているので、都心の真ん中に居住区もあります。そのため、ビルの再開発などが進み、その周辺の不動産価格が上昇すれば、居住区であるタワーマンション価格も上昇するということです。

1 2 3

- 2018年04月27日