住宅ローンの種類を詳しく解説!金利・返済方法の違いとは?

中古マンションを購入するときに住宅ローンを利用する方がいらっしゃいます。購入のための資金調達がしやすいというメリットがある一方で、「どのくらいの金利が掛かるのか」という不安を感じる方もいらっしゃるようです。マンションは、人生の中でも特に大きな買い物ですから、住宅ローンの仕組みをしっかりと理解しておきましょう。

この記事を一読することで、住宅ローンの金利やローンの返済方法を把握できます。マンションの購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

1. 住宅ローンは2つのタイプがある

三菱UFJ銀行やみずほ銀行などのメガバンクを始め、多くの金融機関では住宅ローンのサービスを展開しています。各金融機関によってサービスの内容は異なりますが、住宅ローンには主に2つのタイプがあることを覚えておきましょう。

1-1. 変動金利

変動金利とは、返済期間中の金利が変動する住宅ローンのことです。変動金利は、政府の政策金利に連動して決定しています。もう少し詳しく説明すると、短期プライムレートに基づいて金利を決めているのです。

そのため、景気が良くなると政策金利が上がり、住宅ローンの金利も上昇します。一方で、景気が後退すると政策金利が下がり、住宅ローンの金利も下降するのです。なお、通常は半年ごとに金利が見直されます。

変動金利のメリットは、景気の状態によって金利が下がることです。そのため、借入時には金利が高くても、景気の状況によっては金利が下がりお得に利用できます。

もう一つのメリットは、固定金利よりも金利を低く設定していることです。変動金利は金利の上昇のリスクがあると考えられており、借入時の金利を低く抑えています。

1-2. 固定金利

固定金利とは、返済期間中の金利が一定の住宅ローンのことです。固定金利の場合、借入時から一定期間について固定金利を適用する「固定金利特約型」と、借入時から完済時まで固定金利を適用する「全期間固定金利型」があります。

1 2 3

- 2021年10月15日