データで見る!品川区のタワーマンション相場が高い理由とは?

2017年の新築マンション価格は、過去25年間の中でも最も高い水準でした。しかし、もちろん全てのエリアでマンション価格が上昇しているわけではなく、エリアごとに人気の差があります。特に、将来的に期待できるエリアや、開発が進むエリアはマンション相場が上昇しやすいです。
今回マンションサプリでは、品川区内のタワーマンション価格(平均㎡単価)が、2017年1月と2018年1月を比較して、どのくらい変動したかを調べました。

調査概要
・対象マンションが「マンションマーケット」に掲載されている分譲マンション、且つ階数20階以上のマンション
・地上20階以上のマンションをタワーマンションとする
・2017年1月と2018年1月の月間の平均平米単価を比較して上昇率を算出
・データは2018年2月14日時点

調査結果

品川区とはどのようなエリア?

まず、相場価格の話をする前に、品川区とはどのようなエリアであるかを見ていきましょう。品川区を知るには、以下のように品川区にある駅を知ると分かりやすいです。

品川駅(南エリア)
目黒駅(主に東口)
五反田駅
大崎駅
不動前駅
武蔵小山駅

少々分かりにくいのですが、品川駅自体は港区にありますが、品川駅のすぐ南側は品川区にあります。品川駅は新幹線も停まる駅ということで、交通の便が良いです。主な居住区は品川駅の西側、南側にあるので、駅は港区ですが品川区内にも品川駅最寄りの物件が多数あります。
また、こちらも少々分かりにくいのですが、目黒駅も品川区にあります。目黒駅の西口は目黒区ですが、目黒駅自体と東口は品川区にあり、山の点線の内側なので人気のあるエリアです。目黒駅はターミナル駅でもあり、少し歩けば住宅街も広がるエリアなので、マンション需要も高いエリアになります。
また、五反田は歓楽街として有名で、大崎駅も開発が進みマンションが多く建築されています。そして、不動産前・武蔵小山は住宅街として人気のあるエリアです。

このように、品川区は、まず品川駅の南側と目黒区の東口という、人気スポットがあります。その上で、歓楽街などもありつつ、住宅街も兼ね備えているエリアになるのです。ランキングを見ても、目黒・品川・大崎あたりがラインナップされていることが分かると思います。

1 2 3

- 2018年05月01日