江東区の隠れた人気エリア亀戸に建つマンション「ザ・パークハウス亀戸」

外観
近年のすさまじい勢いで進んでいく再開発が活発なエリアのひとつでもある江東区。不動産が高騰し続ける湾岸エリアブームの中にもはいる人気エリアです。江東区は湾岸エリアで商業施設があつまる豊洲、下町情緒と話題のグルメなども多い門前仲町・清澄白河。東京スカイツリーからもほど近く、亀戸天神でも有名な江戸の風情を感じる亀戸。この3つのエリアが江東区の代表と言える地域だと思います。江東区内は再開発の豊洲エリアを中心に、大規模の商業施設や高層ビルも多く増えてきました。その中でも、下町の雰囲気や、江戸の風情を感じることもあり、海外からの訪日観光客からも人気の地域です。そんな便利な江東エリアを生活圏として生活できる亀戸に建設される新築マンション「ザ・パークハウス亀戸」。江東区の中でも落ち着いた住環境で、生活環境も整った閑静な住宅エリアでありながらも、都心への交通アクセスも優れている人気のエリアです。その人気のポイントをご紹介致します。

目次

1.都心へのアクセスの良さ

2.生活圏である江東エリアの進化

3.亀戸ライフスタイル

4.周辺のマンション相場について

5.高級感あふれる佇まい

6.収納豊富な住戸プラン

7.将来的な資産価値

8.「ザ・パークハウス亀戸」の物件概要

1.都心へのアクセスの良さ

最寄り駅である亀戸駅までは徒歩9分の好立地です。その他にも徒歩12分ほどの位置に、大島駅も利用可能です。亀戸駅からは総武線が利用でき、大島駅からは都営新宿線利用となります。主要な都心駅までの目安としては、錦糸町2分、秋葉原まで9分、東京駅まで10分、神保町駅まで12分、品川駅まで20分、新宿駅まで22分と総武線を中心に身近に都心を感じることができる交通アクセスです。駅徒歩10分圏内で駅が利用でき、2駅2路線の利用の付加価値はとても大きなポイントであります。電車や車以外でも自転車で少し移動するだけで、ショッピング街や自然を感じる大きな公園、東京の名所スカイツリーなども楽しむことができます。

2.生活圏である江東エリアの進化

ららぽーと豊洲今、大きく生まれ変わっている江東エリア。生活圏である江東区内だけでも、都心には引けを取らない環境が整っています。ひと昔前までは、下町としての特徴だけで話題のエリアも特にない環境でした。まず大きく変化を遂げたのが豊洲エリア。もともとは埋め立て地である豊洲ですが、その広大な新しい土地を活かして大規模商業施設ららぽーと、大規模タワーマンション、大企業があつまる大型複合ビルなど街並みもキレイな作りで、都心にでなくても楽しめる身近な場所です。

門前仲町や清澄白河もここ数年になって、地域情報としても取り上げられるようになった変化した地域です。門前仲町はグルメとしても人気の高い地域で、大通りに建ち並んでいるお店も活気があります。深川エリアとも言われ、神社仏閣も多く、富岡八幡宮や深川不動堂、旧弾上橋など歴史と文化を感じるものも多く集まっています。そしてそこに隣接している清住白河は、近年おしゃれなカフェショップが集まるコーヒー激戦区として変化しました。有名なブルーボトルコーヒーが出店したことを皮切りに、多数のカフェが出店しています。江東区全体が話題性のある地域に変化し、生活の利便性や将来的な資産価値にも関わってくると思います。

3.亀戸ライフスタイル

前項で紹介した豊洲、門前仲町、清澄白河のような都心的な感じや高層ビルなどは少ないものの、生活の利便性などで充実している亀戸エリア。近隣には、活気のある商店街が3つも利用でき、駅ビルの商業施設アトレもあります。スーパーも大小合わせて6店舗程度は使える立地です。そしてこのエリアの大きな特徴としては、公園なども自然の多さがポイントです。子育て世代の方には、欠かすことのできない周辺環境。一番近くの公園としては大規模な亀戸中央公園があり、スポーツセンターなど施設環境も整っています。さらに周辺の大きな公園としては、大島小松川公園、猿江恩賜公園、錦糸公園など4つの大きな公園に囲まれています。テニスコートや大きな池など自然を楽しむことができる環境です。緑道も複数あり緑の多さは都心ではなかなか難しい環境です。あとは亀戸といえば亀戸天神。学問の神さまとして親しまれ、1月2月の受験シーズンは学生たちの絵馬が多く並びます。花の天神様とも言われ活気のあるお祭りが定期的に開催され、多くの方で賑わっています。梅まつり、藤まつり、菊まつりと季節にわけて開催され、特に亀戸は藤の名所とも言われ亀戸以外から足を運ぶ方も多くいらっしゃいます。
隣接している錦糸町も生活圏に入り、錦糸町には丸井、大型ショッピングモールのオリナスがあります。ファッションや日用品のお買い物、そして飲食店も豊富な生活環境です。

1 2

- 2016年07月27日