2017年に一番上昇したエリアは?東京23区価格上昇率ランキング!

2017年のマンション価格は、どこの区が一番変動したのでしょうか?
マンションの購入を検討している方は、自分の購入するエリアのマンション価格がどのくらい変動したのか気になるものです。
また、エリアが決まっていない方も、エリアごとにマンション価格はどうなっているのか気になる人が多いです。

そこで、今回マンションサプリでは、東京23区内のマンション価格(㎡単価)が2017年でどのくらい変動したかを調べました。

調査概要
※対象駅は東京23区内を所在とする駅
※対象マンションは「マンションマーケット」に掲載されている分譲マンション、且つ、駅徒歩10分圏内に存在するマンション
※徒歩1分=80m換算
※上昇率は2017年1月と2017年12月の平均平米単価を比較して算出
※データは2018年1月25日時点

第1位は「台東区」、上昇率は5.3%

本調査結果では、2017年に最もマンション価格が変動したのは「台東区」でした。
上記のデータを見ると、2017年1月と12月を比べると約5.3%上昇しています。5.3%上昇したということは、4,000万円のマンションが4,212万円にまで上昇したということです。

また、ご覧のように2017年のマンション価格は、23区全てで上昇しています。
台東区に次いで上昇率が高いのは足立区の5.2%、葛飾区の4.9%です。また、4位5位は港区千代田区ですが、6位以降に荒川区、北区などがつづきます。
逆に、上昇率が低いエリアは世田谷区品川区目黒区などです。つまり、比較的西エリアよりも東エリアの方が上昇していることが分かると思います。

1 2 3

- 2018年04月25日