江東区のタワーマンション価格上昇率ランキングベスト10

最近各メディアで価格上昇が高止まりしてきたのでは?と言われ始めている中古マンション市場。成約価格を月ごとに比較すると、3月をピークに成約価格の上昇は鈍化、減少する傾向も見えてきました。しかし、前年に比べるとまだまだ成約価格は高いままであるのも事実です。

そこでマンションサプリでは、今回、江東区のタワーマンションと呼ばれる20階以上の高層マンションに絞り、マンションスコアのより算出した、平米単価の上昇率が高かったマンションをランキングにしました。
1年でどのマンションがどれほど価格上昇したのかを早速チェックしていきましょう。
※このデータは、2016年30日時点で取得した、マンションマーケット(※1)が独自に算出したマンションスコアの2015年6月と2016年6月の相場価格の平米単価を比較し、価格上昇率を算出したものです。(2016年7月7日時点)

※1マンション相場情報サイト「マンションマーケット」:https://mansion-market.com/
全国約10万棟のマンションの相場価格(資産価値)や、過去の価格推移、賃料相場等を公開しています。

第1位 キャナルワーフタワーズ

・キャナルワーフタワーズ
<平米単価の推移>
2015年6月時点:57.1万円(坪単価:188.4万)
2016年6月時点:73.5万円(坪単価:242.5万)
<上昇率>
129%
キャナルワーフタワーズ_相場

第1位は豊洲のツインタワーマンションとして知られる「キャナルワーフタワーズ」です。
2000年に建てられたマンションで、2006年~2010年の間に周辺に多くのタワーマンションが建設されたためか、2012年には一時平米単価が50万円を切るほど相場価格が下落していました。しかし、2014年後半から徐々に上昇し始め、2016年4月には平米単価73万円にまで上昇し、6月も73万円台をキープしたため価格上昇率が129%と圧倒的1位となっています。
豊洲で人気の商業施設「ららぽーと豊洲」へも徒歩圏内であるほか、豊洲の中心部から少し離れているため、静かで落ち着いた雰囲気のタワーマンションであるのと、眺望の良さが人気なようです。
※過去の相場はコチラから

第2位 グランエスタファイブスター

グランエスタファイブスター
<平米単価の推移>
2015年6月時点:59.0万円(坪単価:194.7万)
2016年6月時点:66.5万円(坪単価:219.4万)
<上昇率>
113%
グランエスタファイブスター_相場

113%の上昇率で第2位になったのは「グランエスタファイブスター」。居住用の4棟、共用施設のある1棟によって構成されている大規模マンションです。中央には庭園があり、敷地の4分の1を使用した3つのテーマに沿った庭園が用意されています。サウス棟にはグランビューラウンジがあり、東京都心の眺望を楽しむことができます。

相場価格の推移ですが、マンションスコアによると2015年6月時点では59.0万円だった平米単価が、2015年9月と2016年3月に大きな山を作りながら上昇し、それ以降も急落することなく横ばいの状態が続いています。築11年目に入りながらこの相場価格上昇は、マンションそのものの人気あってこそではないでしょうか。周辺にも同様の高層マンションが多いですが、その中でも一番の上昇率となりました。
※過去の相場はコチラから

第3位 パークハウス清澄白河リバーサイド

パークハウス清澄白河リバーサイド
<平米単価の推移>
2015年6月時点:73.4万円(坪単価:242.2万)
2016年6月時点:82.5万円(坪単価:272.2万)
<上昇率>
112%
パークハウス清澄白河リバーサイド

第3位は「パークハウス清澄白河リバーサイド」で、112%の上昇率でした。
こちらも、4位の「イーストコモンズ清澄白河セントラルタワー」や5位の「Dグラフォート清澄白河スパークリングタワー」と同じく清澄白河周辺のエリアにあるマンションで、「清澄白河」駅から徒歩2分という駅チカであるのが魅力。「Japanese Creation」をコンセプトに清澄白河のシンボルマークとして、2005年に誕生しました。柿渋色を基調としたくつろぎのスペース「赤の間」に設置されたフロントでは、スタッフによるライフサポートサービスを受けることができるなど、高級マンションブランドならではの充実したサービスが用意されています。

平米単価の相場も見ていきましょう。2015年10月と2016年1月に少し山ができていますが、今まで見てきたマンションの中では、一番波が少なく上へ向かっているグラフになっています。2016年4月には平米単価が86.1万円まで上昇しましたが、それ以降少し下落し、2016年6月現在では82.5万円ほどで落ち着いています。
※過去の相場はコチラから

1 2 3

- 2016年07月07日