【港区】タワーマンション価格上昇率ランキングベスト10

六本木に白金、麻布に赤坂、青山など、東京を代表する街が集約された「港区」。高級街のイメージを持つ方も多いのではないでしょうか?実際に、一目見ただけで高級感がヒシヒシと伝わる、高級マンションも多いエリアです。

そこで今回マンションサプリでは、港区のタワーマンションと呼ばれる20階以上の高層マンションに絞り、マンションスコアより算出した、㎡単価の上昇率が高かったマンションをランキングにしました。
1年でどのマンションがどれほど価格上昇したのかを早速チェックしていきましょう。

※このデータは、マンションマーケット(※1)が独自に算出したマンションスコアの2015年11月と2016年11月の相場価格の㎡単価を比較し、価格上昇率を算出したものです。(2016年12月13日時点のもの)
※1㎡=約0.3坪

※1マンション相場情報サイト「マンションマーケット」:https://mansion-market.com/
全国約10万棟のマンションの相場価格(資産価値)や、過去の価格推移、賃料相場等を公開しています。

第1位 元麻布ヒルズ

元麻布ヒルズ
<㎡単価の推移>
2015年11月時点:184.1万円(坪単価:608.6万)
2016年11月時点:220.2万円(坪単価:728万)
<上昇率>
119.61%元麻布ヒルズ

見事、第1位に輝いたのは「元麻布ヒルズ」。
2002年にできた29階建ての高級タワーマンションです。コンセプトは「森の都市」。屋上は居住者だけが利用できるルーフガーデンとなっており、都心ながらも自然を感じることができます。プールやジャグジーを備えたスパに、専用のワインセラーなど共有施設も高級感あふれるレパートリーです。

気になる㎡単価ですが、1年間で最も大きな価格変化があったのは、今年の7月から9月にかけての、約30万円の㎡単価の上昇。この上昇価格は、本ランキングのマンションの中では、とびぬけて高いものではありません。価格が急激に高騰したマンションの中には、しばらくした後に価格が急降下するケースも少なくありませんが、その点、元麻布ヒルズは安定した価格推移をたどっており、今後どこまで価格をキープできるのか、注目のマンションと言えそうです。

第2位 六本木ヒルズレジデンスB棟

六本木ヒルズレジデンスB棟
<㎡単価の推移>
2015年11月時点:195.8万円(坪単価:647.2万)
2016年11月時点:233.1万円(坪単価:770.4万)
<上昇率>
119.05%d0104fc61445ac8736be92d55bb

第2位は「六本木ヒルズレジデンスB棟」。
六本木6丁目再開発プロジェクトによって建築された43階建てのマンション。六本木ヒルズという複合施設の敷地内にあるため、レストランから映画館、ブランドショップに郵便局・銀行と、敷地内で様々な用途を満たすことができる点も魅力です。

1年間の㎡単価の動きをみると、2016年に入ってから緩やかに価格の上昇を始めています。価格上昇の波は今年の8月まで続きましたが、その後約1ヵ月で価格は20万円以上下落しています。とはいえ、過去と比較するとまだまだ高い価格をキープしており、第3位に差をつけ価格上昇率119.05%で第2位にランクインしました。10月に入ってから価格が若干上向きになりつつありましたが、再び11月に価格を落としており不安定な状況です。

第3位 マジェスタワー六本木

マジェスタワー六本木
<㎡単価の推移>
2015年11月時点:153.6万円(坪単価:429.5万)
2016年11月時点:177.8万円(坪単価:587.9万)
<上昇率>
115.82%マジェスタワー六本木

第3位は「マジェスタワー六本木」。
マジェスタワー六本木は、総戸数83戸・27階建ての中規模マンションです。徒歩圏に都営大江戸線、東京メトロ日比谷線に千代田線と、複数路線が利用可能で交通アクセスが良好です。また居住者無料のフィットネスルームや、常駐のコンシェルジュなど、快適な生活をサポートしてくれます。

マジェスタワー六本木は、昨年から今年7月にかけて㎡単価・約153万円を保っており、7月以降は順調に価格上昇を続けています。2016年11月の㎡単価も10月に比べ約10万円プラスとなっています。

1 2 3

- 2016年12月13日