マンション購入におけるトラブル事例のご紹介

新築・中古マンションを購入する際または購入した後、可能な限りトラブルや争い事は避けたいところです。しかし、実際には売主・仲介業者の不注意や説明不足、また買主の確認不足等により多くのトラブルが発生しています。そこで本日は、マンション購入後のトラブル事例をご紹介し、これからマンション購入をする方が少しでも購入後のトラブルを回避するための参考にしていただきたいと思います。

【管理規約】ペット飼育可能と説明を受けていたのに・・・!?

ペット飼育買主Aさんはペット飼育可能なマンションを探しており、仲介業者Yからペット飼育可能と紹介されたマンションを購入しました。しかし、入居してみるとそのマンションは管理規約でペット飼育不可である事が発覚しました。

仲介業者Yは業務停止、管理規約をきちんと確認しよう

ペット飼育不可であるにも関わらずペット飼育可能とアナウンスして契約を締結した仲介業者はYは数日間の業務停止命令となりました。
ペット飼育の他にも、フローリング工事の可否や新所有者の駐車場使用権についてなど管理規約には様々な事項が記載されていますので、マンションを購入する際には事前にマンションの管理規約を見せてもらうようお願いしましょう。

【隣人トラブル】購入した部屋の隣にクレーマーが住んでいた!?

クレーマー買主Bさんはとある区分所有マンションを売主Xから宅建業者Yの仲介を通して購入しました。しかし、部屋の隣にはクレーマーとして知られる人物が住んでおり、入居の際には『うるさい!!』と怒鳴られ、入居後には洗濯物に泥をかけられるなど悪質な嫌がらせを受ける事となってしまい、買主Bさんは精神的に大きな打撃を受ける事となってしまいました。売主Xおよび宅建業者Yは隣人がクレーマーである事を知りながら、買主Bさんにそれを隠して部屋を売却したのです。

売主・宅建業者Yには損害賠償支払い命令

裁判の結果、売主と宅建業者にはそれぞれ損害賠償金の支払い命令が下されることとなりました。
しかし、結果として買主Bさんは隣人のクレームに耐えられず家を手放す事になってしまったのです・・・
近隣住民とのトラブルは比較的多く報告されるトラブルの一つですが、事前に近隣住民の情報を手に入れる事は難しいため、入居前に挨拶を済ませるなど、如何に近隣住民と良好な関係を気づく事ができるかが大きなポイントになりそうです。

【新築物件】眺望が最大の魅力だったのに・・・

眺望買主Cさんはとある新築マンションを売主業者Yと契約しました。そのマンションは海に面した立地にあり、モデルルームでの資料やパンフレット写真でも部屋から一望できるオーシャンビューが最大の魅力であると謳っていました。買主Cさんは3階と5階のどちらの部屋を購入するか迷っていましたが売主業者Yから『3階でも5階でも眺望に差はない』という助言を受け、3階の部屋を契約したのでした。
ところが、いざ建物が完成してみると、買主Cさんの部屋の目の前には電柱と電線が設置されておりその眺望は大きく遮られていたのでした。買主Cさんはそれを理由に契約の解除を申し出る事となり、逆に売主業者Yは契約書に定める違約金を買主Cさんに対して請求するトラブルとなりました。

契約の解除は可能、違約金は発生しない

裁判の結果、買主Cさんは契約の解除が可能であり、売主業者Yが訴える違約金についても支払い義務はないとの判決が下されました。大きな理由としては、①Cさんが眺望を重視してマンションを購入している事、②宅建業者Yはマンションの眺望を最大の売りにしているにも関わらず、眺望に関する事実を正確に説明しなかった事、③Cさんが3階と5階の部屋で迷った際、売主業者Yはその眺望に差はないと誤ったアナウンスをしており、事実をCさんに伝えていればCさんは5階の部屋を購入したであろうと推測できる点が挙げられています。
皆様も、新築マンションを購入する際には、完成したマンションがきちんと事前に受けた説明と相違がないか確認しましょう。

1 2

- 2014年12月01日