• 検索結果がここに表示されます

活動期間が長期に及ぶも、仲介は継続して依頼。
信頼できるエージェントさんと納得しながら進められました。

活動期間が長期に及ぶも、仲介は継続して依頼。
信頼できるエージェントさんと納得しながら進められました。

  • 60代
  • ファミリー
  • 資産整理
  • 物件名非公開
  • 東京都新宿区
  • 売却時期
    2018年8月
  • 売却期間
    7ヶ月

選んだ理由は「定額手数料」と「囲い込みをしないこと」。

住み替えのため新築で購入したマンションでしたが、最終的に引っ越しをやめたため、インターネットで売却について調べました。仲介会社数社で検討していましたが、最終的にマンションマーケットに依頼した理由は、「定額手数料」と「囲い込みをしない」の2点です。特に売却活動においては情報がオープンになっていなければ買い手がつかないので、情報を広く公開し囲い込みをしない営業スタイルはとても重要だと感じましたね。

同マンション内の売出物件数の多さに苦戦。

新築物件だったので、マンションマーケットに問い合わせた時点ではまだ物件の引き渡しを受けていない状況でした。売出情報を公開しつつも内覧はご案内できなかったので、本格的な売却活動を始めたのは媒介契約を結んでから約1年後でした。売出価格は担当エージェントさんにアドバイスを頂きながら、相場価格をふまえて設定しました。難しかったのは、同マンション内で売出中の部屋が非常に多かったために、マンション自体の取引の動きが鈍くなっていたことです。そもそも総戸数の多いマンションの上、売出数はこちらでコントロールできるものではなく困りましたね。

取引事例や売出情報を定期的に共有。
相場と照らし合わせ、細かに調整しながら進めました。

結果的に売却活動期間は長くかかりましたが、担当エージェントさんが定期的に売出や成約の情報を共有してくださり、その都度価格や売却活動の方向性を確認しながら進めることができました。3ヶ月に1度は媒介契約を見直すタイミングがありましたが、自社HPやポータルサイトはもちろん、大手不動産サイトまで幅広く情報公開していただいた状態でしたので、他社に切り替える必要はないと判断しました。また手数料の安さゆえ、最終的に成約価格が下がった場合でもトータルのコストを考えれば問題ないと思い、そのままマンションマーケットに依頼しました。

経験豊富なエージェントが頼りになりました。

マンションマーケットを利用したメリットは、経験豊富なエージェントさんです。私自身、宅建士の資格を持っており不動産取引の知識があるので、過去に利用した仲介会社には、私よりも知識がなく経験の浅いエージェントが担当だったことも多くありました。その点、今回担当していただいたエージェントさんは経験値が高い方だったので安心してお任せできました。ありがとうございました。


※現在(2018年4月時点)では、売却仲介手数料を49.8万円(キャンペーン価格)としておりますが、最新のサービス内容と異なる情報が記載されている場合があります。売却時の仲介手数料についてはこちらをご確認ください。
予めご了承くださいますようお願いいたします。

担当売却コンサルタントからのメッセージ

売却コンサルタント 上埜(うえの)
売却コンサルタント 上埜(うえの)

ご依頼いただいたマンションは分譲時、居住用のマンションでは日本一階高のある60階建の超高層マンションでした。売主様がおっしゃる通り、新築未入居段階でマンション内にて70戸数以上の販売物件があり、購入検討者側も「選び放題」の状況で正直、苦戦を強いられ長期間お付き合いをいただく結果となりました。売主様とは毎週、マンション内の成約・売出の状況を共有させていただき、対象のお部屋の優位性・劣位性の打ち合わせのお時間を頂きました。
長期間成約に至らない場合、売主様が他社さんに連絡を入れ「うちなら、高く売れますよ!」といった他不動産会社のお声がけによって、仲介会社を切り替えられるケースが多いです。そんな中、客観的な相場データを重んじていただき、時には厳しいお話にも耳を傾けていただいた売主様には頭が下がる思いです。「同一条件で他社さんで売却できるのであれば、当社で必ず売却できます!」という私の言葉を、担当者である私の「勢いや思い入れだけの言葉」ではなく、客観的市場状況を踏まえてご判断いただけた事に感謝しております。
毎週の売主様とのお打合せがなくなりましたのは、正直ホッとした半面、寂しくも感じております。こちらこそ長期間のお付き合い、誠にありがとうございました。