マンションを売りに出す 〜 レインズ 〜

レインズについて

レインズとは?

レインズはReal Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)の略称です。

国土交通大臣の指定を受けた不動産流通機構である東日本不動産流通機構、中部圏不動産流通機構、近畿圏不動産流通機構、西日本不動産流通機構の4つの法人によって運営され、全国の不動産業者が加入しています。

売却依頼を受けた不動産業者は、結んだ媒介契約の種類によって、物件の情報をレインズに登録する義務があります。登録までの期間は媒介契約の種類によって異なります。

媒介契約とレインズの関係

専任(専属専任)媒介契約

不動産会社1社が売主様の窓口となり、売却活動を行います。レインズシステムを利用し、全国の買主様へ情報を拡散します。また、内覧の受付や物件に関する問い合わせなど全て1社が窓口となることで、売主様の連絡窓口を一元化する事が可能です。

一般媒介契約

複数の不動産会社へ同時に売却活動を依頼することが可能ですが、複数の会社から売主様へ物件問い合わせ等の連絡があるため、売主様の管理が煩雑となってしまいます。複数の不動産会社と契約をしても、レインズを利用することで買主様への情報拡散ルートは専任媒介契約と変わりません。

レインズを運営する不動産流通機構とは?

不動産流通機構とは、全国の不動産業者により構成され、不動産取引が円滑・適正に行われることを目的とする組織です。全国には国土交通大臣に指定された4つの指定流通機構である、東日本不動産流通機構、中部圏不動産流通機構、近畿圏不動産流通機構、西日本不動産流通機構があります。なお、これら4つの指定流通機構が不動産情報の登録ネットワークシステム「レインズ」を運営しています。

東日本不動産流通機構

東日本不動産流通機構は全国に4つある不動産流通機構の1つで、通称「東日本レインズ」と呼ばれ、北海道、東北(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)、関東(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、栃木県、茨城県、群馬県)、新潟県、山梨県、長野県の不動産業者が登録している公益財団法人です。

中部圏不動産流通機構

中部圏不動産流通機構は全国に4つある不動産流通機構の1つで、通称「中部レインズ」と呼ばれ、東海(岐阜県、静岡県、愛知県、三重県)、北陸(富山県、石川県、福井県)の不動産業者が登録している公益財団法人です。

近畿圏不動産流通機構

近畿圏不動産流通機構は全国に4つある不動産流通機構の1つで、通称「近畿レインズ」と呼ばれ、近畿(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)の不動産業者が登録している公益財団法人です。

西日本不動産流通機構

西日本不動産流通機構は全国に4つある不動産流通機構の1つで、通称「西日本レインズ」と呼ばれ、中国(岡山、鳥取、島根、山口、)、四国(愛媛県、高知県、徳島県、香川県)、九州(福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、宮崎県、鹿児島県)、沖縄県の不動産業者が登録している公益財団法人です。

マンションの価格相場を調べる

マンションの売却を相談する

マンションの売却価格をより詳しく知りたい方、具体的に売却を検討されている方は、お気軽にご相談ください。

売却相談

カジュアルに査定額を知りたい方へ

Icon

依頼から報告までネットで完結。より精度の高い価格が確認できます。

売却・査定の無料相談をする
買取相談

築古やお急ぎの場合はオススメ

Icon

買い手の付きにくい築古マンションに最適。提携の買取業者が一括査定。

買取の無料相談をする

マンション売買サポートメニュー