不動産用語集

旧耐震基準【きゅうたいしんきじゅん】

建築基準法により定められた基準で、建築物などが、どれくらいの地震に耐えられるのかを示した基準を耐震基準と言います。過去に起きた大きな地震ごとに改正が行われており、特に1981年6月に改正された後の耐震基準を、新耐震基準、1981年5月31日までの耐震基準を旧耐震基準と呼んでいます。新耐震基準は震度6から7に達する地震でも倒壊しないように設定されており、改正後の大地震においても一定の効果を示しました。新耐震基準を満たしているかどうかで適用される税制の特例措置に違いがあります。また築20年超の木造住宅においては、耐震診断を受け、現行の耐震基準に適合していることが確認できれば、上記の税制の特例措置を受けられる制度もあります。

50音順で検索

マンションの価格相場を調べる

マンションの売却を相談する

マンションの売却価格をより詳しく知りたい方、具体的に売却を検討されている方は、お気軽にご相談ください。

売却相談

カジュアルに査定額を知りたい方へ

Icon

依頼から報告までネットで完結。より精度の高い価格が確認できます。

売却・査定の無料相談をする
買取相談

築古やお急ぎの場合はオススメ

Icon

買い手の付きにくい築古マンションに最適。提携の買取業者が一括査定。

買取の無料相談をする

マンション売買サポートメニュー