不動産用語集

住宅瑕疵担保履行法【じゅうたくかいたんぽりこうほう】

住宅瑕疵担保履行法とは、正式には特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律と呼び、新築住宅の購入者を保護するために、住宅事業者に対して瑕疵担保責任を確実に履行できるよう資力確保措置を義務付け法律です。住宅瑕疵担保履行法は平成21年10月1日に施行された比較的新しい法律となっています。対象事業者は、品確法により10年の瑕疵担保責任義務が課される業者と同一。住宅事業者は住宅瑕疵担保責任保険への加入か、法務局等の供託所に現金や有価証券等を預ける保険金の供託のどちらかの方法で資力の確保をする必要があります。同法では、保険契約を締結した新築住宅等に係る紛争処理体制の整備についても定められています

50音順で検索

マンションの価格相場を調べる

マンションの売却を相談する

マンションの売却価格をより詳しく知りたい方、具体的に売却を検討されている方は、お気軽にご相談ください。

売却相談

カジュアルに査定額を知りたい方へ

Icon

依頼から報告までネットで完結。より精度の高い価格が確認できます。

売却・査定の無料相談をする
買取相談

築古やお急ぎの場合はオススメ

Icon

買い手の付きにくい築古マンションに最適。提携の買取業者が一括査定。

買取の無料相談をする

マンション売買サポートメニュー