不動産用語集

制震構造 【せいしんこうぞう】

ダンパーなどを建築物に組み込むことで、地震による揺れを制御して軽減する装置やそれを備えた建築構造のことをいいます。主に木造軸組工法や2×4工法用の装置であり、免震構造を比べて揺れの軽減度合いは少ないが、装置が小さく、施工がしやすいため低価格で設置することが可能となっています。超高層ビルに採用されることもあり、超高層ビルの制震装置は各階に設置されます。
制震構造はアクティブ制震(能動的制震)とパッシブ制震(受動的制震)に大別されます
アクティブ制震は、センサーで建物の揺れを感知して揺れの抑止力を計算し、建物に吊るした重りを抑止方向に動かすことで揺れを制御する方法です。パッシブ制震は、建物の骨組みに釣鐘状の制震装置等を組み込んで振動エネルギーを吸収する方法です。

50音順で検索

マンションの価格相場を調べる

マンションの売却を相談する

マンションの売却価格をより詳しく知りたい方、具体的に売却を検討されている方は、お気軽にご相談ください。

売却相談

カジュアルに査定額を知りたい方へ

Icon

依頼から報告までネットで完結。より精度の高い価格が確認できます。

売却・査定の無料相談をする
買取相談

築古やお急ぎの場合はオススメ

Icon

買い手の付きにくい築古マンションに最適。提携の買取業者が一括査定。

買取の無料相談をする

マンション売買サポートメニュー