不動産用語集

第一種低層住居専用地域【だいいっしゅていそうじゅうきょせんようちいき】

低層住宅の良好な住環境を守るための用途地域。12種類の用途地域の中で最も規制が厳しくなっており、第一種低層住居専用地域は静かな住宅街がつくられていきます。住宅や共同住宅、大学等を除く学校や、病院を除く診療所などの建築が可能です。店舗は建築できず、事務所等と併設の兼用住宅では非住宅部分の床面積が50平米以下で建築物の1/2未満と、厳しい制限となっています。建ぺい率は30~60%、容積率は50%~200%のいずれかを定められる。第一種低層住居専用地域内では10mまたは12mの絶対高さの制限が定められ、指定された高さ以上の建物を建てることができません。

50音順で検索

マンションの価格相場を調べる

マンションの売却を相談する

マンションの売却価格をより詳しく知りたい方、具体的に売却を検討されている方は、お気軽にご相談ください。

売却相談

カジュアルに査定額を知りたい方へ

Icon

依頼から報告までネットで完結。より精度の高い価格が確認できます。

売却・査定の無料相談をする
買取相談

築古やお急ぎの場合はオススメ

Icon

買い手の付きにくい築古マンションに最適。提携の買取業者が一括査定。

買取の無料相談をする

マンション売買サポートメニュー