不動産用語集

宅地造成等規制法【たくぞうせいきせいほう】

宅地造成等規制法とは、宅地造成を行うことによって、市街地やこれから市街地となろうとする土地のがけ崩れや土砂の流出などによる災害が発生することを防止するために必要な規制について定めた法律のことを指します。宅地造成等規制法により、宅地造成工事規制区域に指定された区域では、その区域内で行われる宅地造成工事は許可制となり、擁壁または排水施設等の設置等必要な措置を講じる必要があります。

50音順で検索

マンションの価格相場を調べる

マンションの売却を相談する

マンションの売却価格をより詳しく知りたい方、具体的に売却を検討されている方は、お気軽にご相談ください。

売却相談

カジュアルに査定額を知りたい方へ

Icon

依頼から報告までネットで完結。より精度の高い価格が確認できます。

売却・査定の無料相談をする
買取相談

築古やお急ぎの場合はオススメ

Icon

買い手の付きにくい築古マンションに最適。提携の買取業者が一括査定。

買取の無料相談をする

マンション売買サポートメニュー