「中古マンションだからこそ、気がねなくリフォームや手を加えていける」人気ブログ「おうちマニア」のmomonさんに聞く、部屋づくりの楽しみ方

マンションを購入する時、「なるべく自分たちの理想通りの部屋に住みたい!」とは思いつつも、予算の都合や住むエリア、生活の便などを考えると、マンション選びはある程度選択肢が限られてきますよね。予算には納まるけれど間取りがイマイチだったり、立地はいいけれど設備が使いにくかったり…。なかなか100%満足できるマンションを探すのは難しいかもしれません。

しかし、理想の暮らしをあきらめる必要はありません!
購入したマンションをリフォームしたり、DIYや部屋のレイアウト、収納方法などを工夫することで、自分たちの住みやすい環境を作っていくという方法があります。

学生時代からDIYをはじめ、
家具を自分作って組み立てたりペイントするなど工夫していた

 

おうちマニア_リビング今回お話をお伺いしたのは、人気ブログ「おうちマニア」を運営されているmomonさん。
兵庫県でWEBデザインの仕事をしながら、ご主人と保育園に通う娘さんと3人で、70㎡のマンションに暮らしているとのこと。
ブログに登場するご自宅は、小さなお子さんがいる家とは思えないほど大人っぽくすっきりとした空間で、雑誌やWEBサイトなどにも多数取り上げられています。6年前に購入した築浅マンションの間取りをリフォームして変えたり、壁紙を代えたり、DIYで机を手づくりしたり…。さまざまな工夫を凝らした暮らしのアイデアに、「参考になります」と読者がメッセージをくれることもあるそうです。

「ブログを始めたきっかけは、以前から部屋のインテリアにまめに手を加えていたので、どうせなら変わっていく部屋の様子をブログにアップして、1年後に振り返ったら楽しいかなと思ったのがきっかけです。ブログを始めてもうすぐ1年半が経ちますが、当初と今で、部屋の様子は全然違いますね。部屋の中に個性がだいぶ出てきたと思います」

以前は不動産会社でWEBデザインの仕事をしており、床材や壁紙などを仕事で目にすることも多かったというmomonさん。
―昔から、インテリアなどに興味はあったのでしょうか。

「インテリア自体は小・中学生の頃から好きだったのですが、DIYをはじめたのは大学生の頃です。
芸術系の大学で学んでいたこともあり、ものづくりをする生活が普通でした。自宅で使うものも『自分で作った方が買うより速くて安いな』と考えるようになり、工具なども家に揃っていたので、ちょっとしたものなら買わずに自分でペイントしたり組み立てたりして、作るようになりました。ただ、独身時代は賃貸マンションに住んでいたので、壁に穴をあけたりすることはできず、部屋もあまり広くなかったので、DIYや家具などを組み立てる場所がなく、やれることに制限はありましたね」

―結婚を機に、マンションを購入することになったそうですが、現在のマンションにした決め手は何だったのでしょうか。
「将来的に子どもを持つことを想定していたので、70㎡前後の2LDK~3LDKくらいの部屋がいいなと考えていました。
あとは、住む街を先に決めていたので、市内のマンションをいくつか内見し、予算と部屋の広さなどを考慮して決めました。現在のマンションにした決め手は、マンションの前に他のマンションやビルなどの高い建物が一切なく南側が開けていて、他に見たマンションと比べて開放感があったことです」

中古マンションを購入後は、
もともとあった和室をなくして広々としたリビングへとリノベーション

おうちマニア_以前のダイニングスペース

以前のダイニングスペース

インテリアなどに手を加えたダイニングスペース

インテリアなどに手を加えたダイニングスペース

そうしてmomonさんご夫婦が購入したのは、当時築5年であった市内の中古マンション。
―購入後、どのようなリノベーションをしたのですか?

「特に家族で過ごす時間が長いリビングは、広めでのんびりした空間にしたいなと考えていて、もしそういう間取りの部屋でないなら、購入後にリフォームしようかなと考えていました。結果として、LDKに隣接していた和室をなくし、21.5畳のLDKにリフォームしました。和室は賃貸の時にもあったのですが有効活用できておらず、洋室のような使い方をしていたので、思い切って無くしてしまおうと考えました」

―リノベーションしてリビングを広くした結果、暮らしやすくなりましたか。
「はい。現在はリビングが家族団らんの場や娘のキッズスペース、私のワークスペースとしてなど、さまざまな機能を持つ空間になっています。他に洋室が2つあるのですが、家の中ではリビングにいることが多いので、ひとつの空間で完結できるようになりよかったです。部屋が広いと、使うエアコンもひとつでいいですし(笑)。
将来的には今のキッズスペースを、娘の勉強机と私のワークスペースにできたらと考えています」

そのほかにも、過去には洗面所をフルリフォームしたというmomonさん。
―実際にリフォームしてみていかがでしたか。

「洗面所の蛇口が壊れ、最初は蛇口だけ取り換えようと思ったのですが、知り合いのリフォーム会社の方に聞いたら、洗面所をフルリフォームするのとあまり金額が変わらなかったのでお願いしました。もともと、洗面所の設備が昔っぽいつくりだったので、リフォームしたことで使いやすくなりました」

―今後も、部屋の中でリフォームしたい箇所などはあるのでしょうか。また、部屋のリフォームをする時には、どのようなことに気をつけているのでしょうか。
「マンションを購入してから6年目に入り、築10年以上経ってきて劣化している部分も多いので、お風呂、トイレ、キッチンはリフォームしたいです!でもすぐにはリフォームできないので、トイレは自分でペイントしたりして楽しんでいます。

中古マンションの場合、注文住宅のように自分たちで選んだ設備ではないので、少しでも理想の空間に近づけられたらいいなと思っています。リフォームをする時は、したあとで後悔しないように、数年後など先々のことまで考えるようにしています。あとから“もっとこうしとけばよかった“と思わないように、そこは気をつけていますね。
また、寝室などには貼って剥がせるタイプの壁紙を使っています。飽きっぽいので、自由に変えられるアイテムも活用しています。直近では、キッズスペースの壁紙を変えたいなと考えています」

1 2

- 2016年06月13日