気になる、みんなの不動産購入事情を調べてみた(2016年)

不動産を買う際には、多くのお金がかかります。また、一度購入した不動産には、長期間にわたって暮らす可能性もあります。そのため、不動産購入は慎重に行いたいものです。
そこで、不動産の種類ごとにどのような人が買っているのかなど、特徴を把握してみましょう。参考として、国土交通省の住宅局がまとめている報告書を活用します。報告書では、住宅の種類が以下の5つに分類されています。
【取得住宅の分類】
①注文住宅
②分譲住宅
③中古住宅
④民間賃貸住宅
⑤リフォーム住宅
では、分類を踏まえながら、報告書の内容を見てみましょう。

どの種類の住宅を比較したか?

比較検討した住宅

※国土交通省住宅局発表の不動産市場動向調査報告書から抜粋

まず、注文住宅を取得した人は、戸建てを中心に比較していることがわかります。マンションよりも戸建てを好む人が多い傾向がわかります。また、分譲住宅を購入した世帯では、注文住宅との比較が多いことも読み取れます。
いっぽう、中古マンションを購入した人は、中古マンションのほかに分譲マンションと比較した割合が高いといえます。このことは、中古マンション購入者が、取得する住宅の種類としてマンションを主として検討している点を表しています。

なぜ今の住宅を選んだのか?

さまざまな条件を比較した上で、最終的に選んだのが今の住宅です。では、どのようにしていまの住宅を選んだ人が多いのかを知っておきましょう。

住宅選択の理由

※国土交通省住宅局発表の不動産市場動向調査報告書から抜粋

まず、注文住宅についてはやはりというべきか、メーカーに対する信頼がもっとも高い割合となっています。分譲ではなくわざわざ注文するくらいなので、メーカーに対する気体度も高いといえます。
また、新築の分譲住宅では、新築であることと、戸建てであることが高い割合です。このことから、自分たちが初めて住む戸建ての購入を希望したことがわかります。
いっぽう、新築でも分譲マンションだと立地環境が上位に上がってきます。立地環境が良いエリアの不動産はどうしても価格が高くなりやすいです。そのため、立地を優先した結果として戸建てよりも価格が抑えられるマンションに落ち着いたとも考えられます。
さらに、中古の住宅を購入した人は、価格を重視したことがわかります。中古住宅は中古であるがゆえに、好立地だったり、床面積の広い戸建てだったりといったケースでも、比較的料金が控えめになりやすいです。そのため、予算も考え合わせながら住宅を選び、中古物件に落ち着くケースがみられます。

景気が与えた影響度は?

高額の出費となる不動産購入では、経済状況に応じて選択が変化する可能性があります。そこで、住宅局の調査では景気が住宅購入に与えた影響についても示されています。はたしてどのような影響がみられているのか確認してみましょう。

経済的要因の影響

※国土交通省住宅局発表の不動産市場動向調査報告書から抜粋

今回の調査では、度の種類の住宅を購入した人も、平均すれば景気の状況などが不動産購入にややプラスにはたらいたとのデータが出ています。ただし、前年度の調査と比べるとプラス幅が小さくなっていることから、今後、景気動向などが不動産購入にマイナスの作用を及ぼす可能性もあります。

1 2

- 2016年02月23日