不動産用語集

壁心【へきしん】

建物の床面積を測定する場合において、上から見た壁の厚みや柱の中心線から、その囲まれた床面積を測定する考え方のことです。この壁芯の考え方で計算すると、壁の厚みの部分が床面積に加算されるので、実際に使用可能な部分の床面積よりも壁の厚み分、大きな床面積となります。建築基準法では床面積の測定において壁芯の方法による算出を採用しています。この壁芯と異なる床面積の測定方法として内法という方法があり、内法は壁の内側の部分の面積だけを床面積とする考え方です。内法によって測定される床面積は実際に使用される居住スペースの広さとなります。不動産登記法ではこの内法の考え方で床面積を計算することとされているため、建築基準法の元で提出する書類等とは面積が異なることになります。

50音順で検索

マンションの価格相場を調べる

マンションの売却を相談する

マンションの売却価格をより詳しく知りたい方、具体的に売却を検討されている方は、お気軽にご相談ください。

売却相談

カジュアルに査定額を知りたい方へ

Icon

依頼から報告までネットで完結。より精度の高い価格が確認できます。

売却・査定の無料相談をする
買取相談

築古やお急ぎの場合はオススメ

Icon

買い手の付きにくい築古マンションに最適。提携の買取業者が一括査定。

買取の無料相談をする

マンション売買サポートメニュー