不動産用語集

内法面積【うちのりめんせき】

内法面積とは、建物の床面積の計算方法の一つで、建物の壁の内側の部分の寸法で求める面積のことを指します。建物の床面積を求める方法は、内法面積と壁芯面積の二つの方法があります。壁芯面積は、壁の中心線で囲まれた部分の面積のことで、内法面積よりも大きくなります。マンション広告用のチラシやパンフレットに記載されている床面積は一般的には壁芯面積が用いられ、登記簿上の区分所有建物の床面積には内法面積が用いられます。税金の控除を受けられるかどうかの基準は、内法面積で決められるため、壁芯面積と内法面積両方を把握しておく必要があります。

50音順で検索

マンションの価格相場を調べる

マンションの売却を相談する

マンションの売却価格をより詳しく知りたい方、具体的に売却を検討されている方は、お気軽にご相談ください。

売却相談

カジュアルに査定額を知りたい方へ

Icon

依頼から報告までネットで完結。より精度の高い価格が確認できます。

売却・査定の無料相談をする
買取相談

築古やお急ぎの場合はオススメ

Icon

買い手の付きにくい築古マンションに最適。提携の買取業者が一括査定。

買取の無料相談をする

マンション売買サポートメニュー