不動産用語集

延床面積【のべゆかめんせき】

延床面積とは、建物の各階の床面積の合計のことを指します。延床面積は壁芯面積と呼ばれる、壁や柱の中心線で囲まれた部分で算出されます。延床面積にはいくつかのルールが定められており、例えば、1Fから2Fにのぼる階段は、1F部分も2F部分も延床面積に算入されますが、吹抜など床のない部分は延床面積に算入されません。この他、バルコニーや庇やポーチ、ピロティ等壁で囲まれていない部分は、先端から2m部分まで床面積に算入されません。延床面積は容積率の算出の際に利用されますが、ビルドインガレージや地下室に関しては緩和措置が設けられており、ビルドインガレージは全床面積の5分の1まで、地下室は全床面積の3分の1までが延床面積から除外されます。

50音順で検索

マンションの価格相場を調べる

マンションの売却を相談する

マンションの売却価格をより詳しく知りたい方、具体的に売却を検討されている方は、お気軽にご相談ください。

売却相談

カジュアルに査定額を知りたい方へ

Icon

依頼から報告までネットで完結。より精度の高い価格が確認できます。

売却・査定の無料相談をする
買取相談

築古やお急ぎの場合はオススメ

Icon

買い手の付きにくい築古マンションに最適。提携の買取業者が一括査定。

買取の無料相談をする

マンション売買サポートメニュー