不動産用語集

両手取引【りょうてとりひき】

ある1社の不動産仲介会社が、売買取引において売主買主の双方代理をすることを「両手取引」と言います。両手取引は、売主・買主双方に対して同一の会社が取引を仲介するため、スムーズな取引となる場合が多い。また、売却物件に通じた仲介会社が買主に対しての対応を行うため、買主としてはより詳しい物件情報の入手が可能となる。一方、両手取引の課題として下記の2点が挙げられます。
①利益相反
「高く売りたい」売主と、「安く買いたい」買主では、求める利益は反対です。これを「利益相反の関係」と言います。両手取引の場合、不動産会社は双方から仲介手数料もらうために契約をまとめようと、売主様と買主様のどちらかに有利に働くよう誘導する可能性もあり、どちらかが不利益を被る可能性があります。
②情報の囲い込み
売主から売却を依頼された不動産会社が、他の不動産会社へ物件情報を公開しない、物件を紹介しない行為を「情報の囲い込み」と言います。両手取引により売主と買主それぞれから仲介手数料を得るために情報の囲い込みを行った場合、成約までに多くの時間を要したり、不要な値下げを提案されたりと、不利益を被る可能性があります。

50音順で検索

マンションの価格相場を調べる

マンションの売却を相談する

マンションの売却価格をより詳しく知りたい方、具体的に売却を検討されている方は、お気軽にご相談ください。

売却相談

カジュアルに査定額を知りたい方へ

Icon

依頼から報告までネットで完結。より精度の高い価格が確認できます。

売却・査定の無料相談をする
買取相談

築古やお急ぎの場合はオススメ

Icon

買い手の付きにくい築古マンションに最適。提携の買取業者が一括査定。

買取の無料相談をする

マンション売買サポートメニュー