不動産用語集

住宅の品質確保の促進等に関する法律【じゅうたくのひんしつかうほのそくしんとうにかんするほうりつ】

住宅の品質確保の促進等に関する法律は、新築住宅における10年の瑕疵担保の義務化や、新築住宅・既存住宅それぞれの住宅性能表示制度について定めた法律です。良質な住宅を安心して取得でき、トラブルの際も消費者保護の観点から紛争を速やかに処理できる機関の整備や、住宅市場の整備と活性化を目的として平成12年に施行されました。略して品確法と呼ぶこともあります。10年の瑕疵担保責任を履行するために制定された法律として、住宅瑕疵担保履行法があり、2つの法律は密接な関係にあります。

50音順で検索

マンションの価格相場を調べる

マンションの売却を相談する

マンションの売却価格をより詳しく知りたい方、具体的に売却を検討されている方は、お気軽にご相談ください。

売却相談

カジュアルに査定額を知りたい方へ

Icon

依頼から報告までネットで完結。より精度の高い価格が確認できます。

売却・査定の無料相談をする
買取相談

築古やお急ぎの場合はオススメ

Icon

買い手の付きにくい築古マンションに最適。提携の買取業者が一括査定。

買取の無料相談をする

マンション売買サポートメニュー