不動産用語集

耐震診断【たいしんしんだん】

建物の設計において、地震に対する耐久力を持つよう設計することを耐震設計といい、この耐震設計をするための基準のことを耐震基準といいます。耐震基準は1981年の建築基準法の改正のよって、それ以降を新耐震基準、それ以前を旧耐震基準と呼びます。新耐震基準で建てられた建築物はその後の大地震においても一定の耐震性を示しており、1981年以降にも耐震診断は改正されていますが、改正は基本的に新耐震基準をベースに行われています。耐震診断は、旧耐震基準で設計された建築物を現行の新耐震基準で耐震性を診断することを指します。耐震診断は現地調査や設計図書の確認、耐震診断の必要性の判定等を行う予備調査を経て建築物の耐震診断に入ります。耐震診断では柱や壁などの診断の難易度が低いものから鉄筋や梁なども含めたり、設備機器の脱落や転倒まで診断したりと難易度の高いものまであり、実施者の希望に応じて行われます。診断後、耐震補強の必要な個所があれば補強設計書の作成や工事費などの見積もりを行い、耐震補強工事を行います。

50音順で検索

マンションの価格相場を調べる

マンションの売却を相談する

マンションの売却価格をより詳しく知りたい方、具体的に売却を検討されている方は、お気軽にご相談ください。

売却相談

カジュアルに査定額を知りたい方へ

Icon

依頼から報告までネットで完結。より精度の高い価格が確認できます。

売却・査定の無料相談をする
買取相談

築古やお急ぎの場合はオススメ

Icon

買い手の付きにくい築古マンションに最適。提携の買取業者が一括査定。

買取の無料相談をする

マンション売買サポートメニュー